けっきょくはポイントか2017/03/05 22:49

昨夜けっこう遅くまで呑んでいたが、今朝はそこそこ目が覚めたので、ベタ凪の海に9時ごろから出て行った。

いつものルートで走っていたら、畠島のを回り込んだとたんにいっぱいの船が…。なかに知り合いのかたの船を見つけたので寄せてごあいさつかたがた釣果の情報を聞く。

「昨日はここらでマダイがいっぱいきたんやけどなあ、今日はまだ1本や」

とのこと。おそらく昨日の情報がかけめぐって船が集まっているのだろう。わたしらはもうすこし沖に出ることにしてそのポイントを離れる。じつは2月4日に15本を釣り上げたポイントを目指すつもりだったのだ。

そのポイントに行くと、すでに先客が3隻ほど。うううむ。2月4日ポイントに付けたが、魚探にはまったく反応がない。しばらく周辺を探ってみて、とりあえず始めてみたが、釣れたのは小さなベラだった。早々に移動。

つぎに向かったのは湾の真ん中にあってわが家からも見える浅瀬である。GPSにいくつかのポイントを登録しているが、それらには先客がおられたので、空いているあたりを探索していたら、いい位置に魚探の反応があった。

そこで始めたら、早々にパートナーに当たりがあり、それがマダイ。すこし小さいがしばらくここに腰を据えることにした。途中でしばらく当たりがない時間帯もあったが、終わってみればマダイがなんと25本。なかには30cm越えのものもあった。さらにしばしばエサがとられていると思ったら、ハゲ(カワハギ)が1本。

釣果はまたまたパートナーに負けたのであるが、そんなことはどうでもいい。

啓蟄にふさわしいポカポカとした穏やかな午前、凪いだ海の上でのんびりとではなくバタバタとしていたものの、いい時間を過ごせたのだった。

夕食はタイとハゲの刺身にタイの塩焼き。近場だったのでガソリン消費は5Lほどという経済的な釣りで大満足の一日である。