改正道路交通法が昨日施行された2017/03/13 21:39

認知症の疑いのある高齢ドライバーについての診断をかかりつけ医に振られることになった。

ずっと昔、「精神病でない」診断を医者に振ってきて、じっさいにはなんの効果もなくあえなく廃されたことがあった。もちろん今回のものは格段に緻密に規定されているので、ムカ派のようなことはないだろうが、その緻密さがかえって混乱と不信を生みそうな予感がする。

警察庁は、おそらく「自主返納」を増やしたいのだろう。かかりつけ医としても、できれば「認知症や」「認知症とちゃう」という診断書は出したくないので、平和に自主返納をしてほしいと思うのであろう。

ところで。

人ごとではない。

わたしはつぎの免許更新のときには70歳を越えている。いろいろとハードルが高くなる。車を運転できなくては、いまのわたしの診療形態は続けられない。ま、リタイアのためのちょうどよい言い訳ができるか。

コメント

トラックバック