天王寺の崖2017/08/09 21:11

かなりひさしぶりに一心寺さんにお参り。颱風通過後でかなりの暑さが予想されたが「男も日傘」を実践しつつ、両親の分骨が入っている第13期の骨佛にも手を合わせてきた。お盆にお墓は混雑していて行きにくいので、ちょうどよかったのである。そして奇しくも長崎の原爆忌。11時2分は一心寺に向かう阪神高速上だったので、黙祷は叶わなかった。

一心寺のお参りのあと、すこし南に行って、ここは半世紀以上ぶりの茶臼山と河底池。昔と違って背景にあべのハルカスがそびえ立っている。

そのあとは以前から行ってみたかった「天王寺七坂」方面へ。清水坂と天神坂を歩く。天王寺の、上町台地西端の崖にある坂である。かつてはこの崖の西は海。難波津が広がっていて、崖からは西方の海が見渡せたはずと想いをはせる。

せっかく近くまできたので四天王寺にも参拝した。しかしまあ、暑い。

帰ってから活動量計をみるとそれでも7000歩弱しか歩いていない。

七坂見学は今後に続く。

コメント

トラックバック