ひさしぶりに高野山2017/09/01 22:46

昨日は一日中海が荒れていたので、今日ははじめから海はあきらめて、以前から気になっていた高野山のお参りに行くことにした。

出発が少し遅くなったが、白浜-上富田-国道371-栗栖川-県道198-国道425-国道371-護摩壇山-国道371(高野龍神スカイライン)-高野山-国道480-かつらぎ町花坂-国道370-海南-国道42-阪和道/紀勢道-上富田という経路。

ひさしぶりに山道を長駆してきて、ちょっと疲れはしているが、走りやすい舗装道路がほとんどだった。

高野山は、夏のシーズンがすんだ平日ということもあってか、適度な人出のいい雰囲気。大師廟にお参りしたあと、母方の祖父の墓地を何年かぶりに参拝した。いろいろと事情はあるかと思うのだが、あまり手入れがされていなくてちょっと悲しい。

予定よりすこし遅い17時に帰宅。おるすばんのフレブル恬に叱られつつ風呂に入ったあと、いつもの「竹寶」さんで美味を堪能して、なかなか濃い一日を終えた。

10年が近づくと2017/09/02 23:41

生活の場では、それなりの時間がたつといろいろと不具合が出てくるのは覚悟しているが、それが日常生活に必須のものだとかなり困ることになる。

夏場に冷蔵庫やエアコンが壊れるなどというのは最悪で、しかもそういうことが珍しくない。さいわいわが家では20年ほど前に冷蔵庫が故障してえらい目にあっただけだし、いまは宝塚でも白浜でも冷蔵庫は2台あるので、最低限のバックアップができる。

しかし、この夏まえから白浜の家の給水タンクのポンプに不調があり、そのうえ半月ほどまえにリビングの換気扇が壊れた。白浜に帰る期間が決まっているので、修理していただく業者さんとの日程調整が面倒である。今日それをすべてクリアできてちょっと安堵したところだ。

白浜の家は築9年。これからすこしづつ不具合が出てきそうな予感がする。この家はリタイアしたあと定住するつもりなので、元気なうちにきちんとメンテナンスしていくことにしている。高齢者世帯のお宅の荒れた状況を仕事がら少なくなく見てきているので、そういうふうにならないように気をつけたいと思うのである。

地下核実験2017/09/03 22:25

いまこの本を読んでいるところである。

https://www.amazon.co.jp/%E6%B5%B7%E3%81%AE%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%81%AB%E7%AB%8B%E3%81%A1%E5%90%91%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA-%E3%83%93%E3%82%AD%E3%83%8B%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%95%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%9E%E3%81%B8%E3%81%AE%E4%BC%9D%E8%A8%80-%E5%A5%A5%E7%A7%8B-%E8%81%A1/dp/4845115034/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1504444145&sr=8-1&keywords=%E6%B5%B7%E3%81%AE%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%81%AB%E7%AB%8B%E3%81%A1%E5%90%91%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA

第五福竜丸の事件がおきた1954年はわたしは5歳。いまの孫の年齢であって、リアルタイムの記憶はない。しかし、その後のいろいろな経過や、さらなる太平洋での水爆実験については記憶に残る世代である。

第五福竜丸事件とは別に、多くの被爆した漁船のことについても

https://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%B7%9A%E3%82%92%E6%B5%B4%E3%81%B3%E3%81%9FX%E5%B9%B4%E5%BE%8C-%E4%BC%8A%E6%9D%B1-%E8%8B%B1%E6%9C%97/dp/4062181630/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1504444375&sr=8-1&keywords=X%E5%B9%B4%E5%BE%8C

にまとめられた書籍を読み映画も観た。

http://x311.info/part1.html

地下核実験については大気圏内核実験が禁止された1963年以降に行われるようになったと理解している。しかし、わたしはいまだに想像できないことがある。大気圏内の水爆実験のすさまじい映像を見ていて、それを地下でやって果たしてだいじょうぶなのかということである。核武装も愚かなことだと思うが、さらに地球に対して不遜すぎる行為ではないのか、なんらかの災害のトリガーになったりはしないのか、あるいは「自然」はたかが水爆ごときではびくともしていないのか…。

生きているうちに太平洋の水爆実験やキューバ危機を経てもまたまた核兵器で世界が緊張するようなことを見るとは思わなかった。

リカバリー2017/09/04 22:43

8月の末の第五曜日ともともとの予定なしの週末がうまくリンクして、水曜日から今日まで白浜で過ごして仕事は電話連絡だけであった。ほぼ一週間も仕事から離れていたわけで、いくら仕事をしないわたしにもこんな機会はあまりない。

残念なのは、憎き颱風15号によるウネリと風で海に出られなかったことだ。昨日の午後には港に行って船の掃除などをしていたのがせめてもの海との関わり。

早朝に白浜を出て10時前に宝塚に帰着。すぐ着替えて月曜日の仕事にかかる。郵便物やamazonからの荷物がたくさん貯まっていた。しかし、予定の仕事は少しだけであって、長い休みのリカバリーにちょうどよい一日である。

明日は診療や介護認定審査会などでかなりタイトな一日。

日常に戻る。

タイトな一日2017/09/05 22:25

昨日のリカバリーを経て、今日はかなりタイトな一日だった。すべての仕事を終えて帰宅したのは20時半。朝食から水だけで12時間をがんばった。

介護認定審査会でもなかなか悶々とする審査が多くて、こういう審査のときは合議体の長どころか審査委員そのものもやめたくなる。2000年の介護保険制度発足以来ずっと審査しているので、もう18年になる。ぼつぼつやめたいなあ。とはいえ、今年度からは任期が2年から3年に伸びてその1年目。古希まで続く。

こんなときに限って読みたい本がamazonからどんどん届くので困ったものだ。ついでに定期購読の雑誌も…。そんなことを言いつつ、夕食どきは録画してあるテレビ番組も見る。

ああ、もっと時間が欲しいね。寝なくていいならやりたいことがたくさんある。おそらくわたしは死ぬまで眠剤は使わないだろうね。

歯石のお掃除2017/09/06 21:15

人生のなかごろまでは、歯はだいじょうぶと思っていたのだが、姪の結婚式まえにいきなり前歯が抜けて大慌てしたころからぐっと気をつけるようになった。

年に3-4回は歯石掃除をしていただくようにしているが、ここのところ1年近く空いていたようで、今日処置を受けた。

痛いし怖いのですよ。虫歯などでやむをえずではなく、とくになにもないのに処置を受けるというのはなかなか勇気がいる(笑)。

しかし、掃除してもらったあとはじつに気持ちがいい。これを持続できたらいいのだが。

一寸先は、闇2017/09/07 22:01

まあ自分が撒いたタネ、ひどく甘い脇がまねいたことだとは思うが、じつに一寸先はヤミだなと思う。

民進党の女性議員のことだ。

わたしは民進党のサポータでもないし、べつに興味はないけど、たった一発の週刊誌記事で政党が空中分解しかねないような事態には、さすがに瞠目してしまう。この時代にもこういうことがあるのか。もちろん仕掛けたのは誰かという興味はある。

それにしても、もっともっとセコいんだが元神戸市議のお兄さんといい、なんでそんなに脇が甘いというか、世間を舐めるなというか、アホかと思う。お兄さんのほうはもともとのお仕事でも架空請求疑惑とかいわれだしている。われわれ保険医にとって架空請求は完全にアウトな「犯罪」である。

まあそんな雑魚の話はともかく、民進党の女性議員は、自身の破滅だけではなく、おそらく民進党そのものの崩壊のきっかけにもなりかねないだろうね。政権を持っていたころにわたしは同党に完全に落胆したので、いつまでやっとるねんと思っているが、親しいかたが民進党でがんばっておられるのでなんとか立ち直ってと思ったりしているのでが、無理かなあ。

ネットで政治がらみの話題は書かないことを原則にしているわたしでも、思わず言いたくなるような一寸の経過である。

無理やりオフ2017/09/08 23:04

金曜日の午後から医師会の会議があるので木曜日に白浜に帰れなかった。会議がすんでからアタフタと帰宅。午後6時半着。

歩いていけるお店にひさしぶりに行って夕食。弟がキープしている黒霧島のボトルをちょっと失敬。

気持ちのいい風のなかをふわふわと歩いて帰ってじつにいい気分の夜である。満月直後の空は明るい。

最近、耳鳴りがあるので、どれが虫の声か耳鳴りか分かりにくいが、まあともかく初秋の気分の宵。無理やりオフ