シン・ゴジラ、首都消失2017/11/13 21:52

昨夜から録画したパニック映画をふたつ立て続けに見ている。「首都消失」は30年以上前の作品で、キャストのみなさんが若い。物故された俳優さんも多い。特撮の技術は格段に違うし、30年前はCGという技術はカケラもなかった。しかしそれでもなかなかおもしろい。

小松左京さん原作の「首都消失」は「日本沈没」の10年ほどあとで書かれてわたしは夢中になって読んだ。「日本沈没」のあとには筒井康隆さんの「日本以外全部沈没」という作品も発表されて、わたしが日本のSFにはまるもとになったのである。

当時の人気SF作家さんも多く鬼籍に入られた。そらそうや、高校から大学で作品に夢中になったわたしがまもなく古希だものねえ。

文芸作品と同じように記憶に残るのだろうか。