義務出席の研修って、わしらは中学生か2018/02/15 21:42

近畿厚生局や兵庫県、さらには医師会が医師会員(および非医師会員)に出席を義務化している研修がいくつかある。

正当な理由なく出席しないと、個別指導などを課すとか恫喝されているので、無理をしてでも出ないわけにはいかない。まるで中学生。

もっとも、これらの研修は、主催するほうもその上部組織から開催を義務づけられているわけで、毎回おんなじ辟易されると分かっている内容のものでもやらざるをえないのであろう。その上部組織は「こうして現場の医師たちにちゃんと指導しておりますです」と言うためにこういう会合を強要しているのだ(と思う)。

そんな研修のひとつにちょっと暖かくなってきた午後に時間をとられてきたのである。開始前に会場のすぐ近くの「都そば」でほとんど小麦粉のソバを食べてから参加。眠気を我慢してちゃんと聴いてきた。これまでとどこが違うかという興味で聴いてきた(笑)。違いはほとんどなかった。

茶番だけどそれでもお上の意向には逆らえないのが「保険医及び保険医療機関」のサガなのである。

コメント

トラックバック