関西国際空港2018/07/01 23:14

じつは、関空開港からそれほどたっていない、閑古鳥の鳴く空港やといわれていたころに、タイのプーケットに行くのに関空から出発した。

その後は、とくにここ10年近くは、関空のすぐ近くの阪神高速湾岸線から空港と逆方向の関空道をかなりな頻度で利用していたり、りんくうタウンのアウトレットにはよく行っていたのに、関空そのものには行っていなかった。

孫の世話でふと気づいて関空に遊びに行って、偶然に「わくわく関空見学プラン」というのに参加してきた。そのツアーに参加していなくても、何十年かぶりの関空の活気は感じられた。ずっとアルインコの受信機DJ-X7で関空のタワーをワッチしていた。出発便のRWY24Lの118.2MHzと到着のRWY24Rの118.05MHz。出発も到着もほぼ切れ目なしであった。

宝塚のわが家から大阪国際空港(ITM)は車で20分ほど。阪神高速の混み具合にもよるが、関空(KIX)へは60分。いまとなっては関空もそれほど遠いという感覚はない。

大阪国際空港が関空会社の傘下になっていろいろと改修途中、先日から神戸空港も関空会社になった。お荷物と思われていた関空がいまや牽引役になっているように思う。利権やなんやということがあるかもしれないが、関西3空港が繁盛してほしいのが本音である。

楽観すぎるかね、知らんけど。

コメント

トラックバック