災害(2)2018/07/07 00:23

不要不急の外出は控えるようにということで、今日はほぼ一日自宅に閉じこもっていた。ずっと激しい雨が続いて、猪名川の水位に注意しつつ、市医師会では災害対策本部を立ち上げたという連絡もあったが、いまなにができるというわけではない。

ほんらいの予定では今朝から白浜に帰ることになっていたので、昨夜までに食材を使い切るようにしていた。今夜の食事をどうするかというのもあって、午後からいちばん近くの食品スーパーまで相方と出かけた。途中にある猪名川支流の小さな河川2本はどちらも増水していたが、越水するほどでもないのにちょっと安堵する。

facebookを見ていると、白浜のほうはほとんど雨はなく、みなさんのじつに日常で平和な動きがアップされている。いつもは紀南は大雨や台風でたいへんで、宝塚ではたいしたことがないというパターンなので、今日はちょっと不思議な感じだ。新しく開通する道路の記念イベントとか、浴衣で盛り上げようとか。

じつは、紀南方面は京阪神からは完全に孤立した状況なのであるが、それはよそから見てのこと。紀南にいれば「ちょっと天気が悪いねえ」というていどなのである。わたしのように行き来する少数の者が困っているだけだ。

リビングから見える猪名川は、河川敷の運動公園は完全に没していて、茶色い濁流が幅いっぱいに流れている。それでもわが家から見える川のあたりはまだまだ「水防団待機水位」ていどだそうだ。

それでもなお兵庫県には大雨の特別警報が発表された。

わたしはこの週末に白浜に帰るのを断念してはいない。明日の朝、阪和自動車道が通行止めの規制になっていなければ、南に向いて走るつもりである。

総括が必要ではなかろうか2018/07/07 23:02


オウム真理教の幹部死刑囚の7人が処刑された。

マスコミはいつもの死刑執行の報道とはまったく違った取り上げかたをしていた。もちろんそれなりの大きな事件の幕引きではある。

あちこちに書かれているが、マスコミもこの機会に総括しなければならないのではないか。キワモノ扱いだったとはいえ、一時期いろいろと彼らを利用していたのを見てきて記憶しているニンゲンは少なくない。そんなに口を拭って知らぬ顔できるのだねえ。もっとも、世代は3代以上も代わっているだろうけど、だからといってあんたらの前歴は消えるものではない。

つらいだろうが、マスコミ各位にあっては負の部分も含めてこの機会に総括してはどうだろうか。人には厳しいが自分には甘い業界のようなので、そんなことは無理かねえ。思い返せば、そのころからかもしれない、わたしがマスコミを信用しなくなったのは。