余波2018/07/12 23:25

大きな被害を受けたかたがたにとってはなんなんだと思われそうだが、当地でも微妙に大雨の余波が日を追って露見している。

谷頭のような地形の、まさにその場所に建っている患家では前の道路に泥が被っている。そのお宅に行ったときに方向転換する駐車場は1/3ほど地面がえぐれている。そこに駐めていた車は無事だったのか。

ちょうど1週間前の7月5日に見た猪名川は増水してナマの大木が流れてきてたいへんだった。今日同じところを通って川を見ると、河床の地形がかなり変わっていた。7月6日にたびたび洪水危険水位を超えた「多田院」測定点のすぐ下流である。

猪名川に合流するので大きな排水ポンプ場を持つ支流は、ひょつとしたら少し越水していたのかもしれない。川沿いの食品スーパー脇に泥が貯まっていた。

猪名川の河川敷にある運動公園は完全に水没してしまったので、グラウンドはめちゃめちゃになっているとSNSで報告されている。来月はそこが会場で猪名川花火大会があるのだが、それまでに整備できるのかな。

今朝、まだわが家の前の道路沿いの溝には音をたてて裏山からの水が流れている。

ひとごととは思わず、来年は兵庫県が襲われるかもしれないと危機感を持っておこう。