地味に整備されている2018/07/14 22:59

blackbird booksで扱っているリトルプレス「つき草通りで」が田辺市龍神村で展覧会を開催するというので行ってきた。

http://www.ryujin-kanko.jp/event/info_58.html

道の駅「龍游」にある「G-WORKS」というお店。それについてはfacebookにアップしている。

往路は龍神村に行くときにいつも使う県道198号線。で、同じ道で帰るのもおもしろくないので、帰路はみなべに抜ける国道424号線を走る。

紀南で足にしているダイハツのTANTOに装着しているカーナビは、わたしが前に乗っていたマツダロードスターNBにつけていたもので、データは10年以上前のままである。すると、国道424号線を走っているとしばしば中空に飛ぶ。つまり、この10年ほどの間に道路が改良されてトンネルや橋梁でショートカットされている区間がとても多いのである。

高速道路や重要国道のバイパスの開通は大きく報じられるが、山間部の名もなき国道(名はあるが)の改良はあまり全国に報じられることはない。そういう改良が地味に整備されていることが分かる。現地では、たとえば町にでる時間が相当に短縮されたであろうと想像できるのである。

こういうのを無駄な公共工事などとはいわないよね。

コメント

トラックバック