火曜日は働く2017/09/19 22:38

朝から在宅患者さんの訪問診療をこなして13時前に診療所に戻り、会計作業をして13時半から介護認定審査会、終わってすこし遅れて市医師会の介護保険在宅医療委員会に出席、そのあとこれまた少し予定時刻より遅れて有料老人ホームの訪問診療。もうそれが普通になっていて昼食はなしである。

火曜日はけっこう働く。しっかり働くのは火曜日だけだが。

有料老人ホームなどの集合住宅での在宅医療については、ある時期制度のスキをついて姑息な儲けかたをしようとする医療機関が続出したために、診療後の会計作業が複雑になってかつ手間がかかる。よって夕方も遅くまで作業しなければならない。

火曜日は遅くまで働く。遅くまで働くのは火曜日だけだが。

そういう仕事をしている古希前の在宅医はわたしです。

臨時の往診2017/09/17 21:41

たまたま私用で金曜日に宝塚に戻っていた。颱風がくることもあってちょっと週末の時間をもてあましていたところだが、今日は午前と午後に1件ずつ臨時の往診をした。日曜日にこういう診療をするのはきわめて珍しい。偶然とはいえ、宝塚にいたのは幸いだった。

世間では24時間365日の在宅療養支援診療所をしていると、臨時の往診がしょっちゅうあってたいへんだろうと思われているようだ。しかし現実にはそれほど緊急往診しなければならないシーンは多くない。ほとんどないといってもいい。

だから今日はたいへん珍しい状況だった。

往診して入院が必要かと判断して病院に受診を依頼、けっきょくお二人ともそのようになった。早めに出向いて颱風襲来のまっただなかに往診ということを避けられてよかった。いま、激しく雨が降っている。あと1-2時間で直近を颱風が通過するようだ。

在宅チーム2017/09/13 23:02

介護に無関心なご同業(医者)がおられて、それがしばしば訪問看護師さんやケアマネージャー、介護職のかたの悩みとなっている。診療所や病院の敷居が高いとはよく言われる。もっとも、開業医にとっても病院の敷居は高いこともある。医師どうしならまだ敷居は下げられるが、医師以外の病院のスタッフさんの対応が開業医にけっこう無礼に感じることもある。キョウモチョットカンジタケドネ

それはともかく。

逆に、医師であるわたしから見て、かなりトンデモなケアマネージャーもいてはるのである。具体的なことは書けないが、介護の司令塔は自分だと勘違いして、医療の範囲にまで口を出しチームとしての活動をひどく混乱させて、けっきょく利用者さんやそのご家族に不要なストレスを与えているケアマネージャー。わたしはこういうかたを「ケアブレーカー」と呼ぶ。そのなかには特定の事業者や在宅医とつるんだ「ケアブローカー」も見受けられる。あまりひどいとそのうち「ケアデストロイヤー」という称号をお贈りするかもしれない。

しかしまあ分からないでもない。たいした試験ではないが合格してとりあえず資格をとったら、介護シーンで全能のような立場になるわけで、それはわたしのご同業の一部のかたが陥る感覚と似たようなものだろうとは想像できる。

介護保険制度が始まって17年。ぼつぼつ制度疲労を感じているケアマネージャー資格も持つ在宅医のわたしだが、それでも在宅療養では制度を使わざるをえない。お上が医療も介護にもますます金を出し惜しみしているいま、介護側と医療側での相互監視と相互信頼がさらに必要である。おのれの金儲けしか考えない連中は退場いただくしかないし、そのためには言いたいことを言い、裏事情を暴露し、行政にチクるかもしれないのでそのあたりよろしく。

いろいろどうでもいいこと2017/09/10 23:42

 
朝から凪だ。昨日より穏やか。しかし、ひさしぶりに身体を動かしたために、昨夜からずっと筋肉痛や腰痛があって、今日はもう海に出る元気がないのである。こんなことではあかんのだが、しかたないのである。

運動不足の前期高齢者の無様な姿なのである。整形外科のドクターに「ロコモっ」とか言われても「さいでんねん」としか言えないのである。情けない。

昨日は写真左のジグ、ダイソーで100円のものでシイラやマルソウダを釣ったのだ。ダイソーにハサミを買いにいったついでに予備として今日また購入してきた。並行してフカセをやっていたリールは、わたしが白浜に家を建てて、町内の釣りの師匠の船に乗せていただき始めたころに買ったdaiwaのベイトリール。もう10年近く使っていて、一部部品も失われているが、いまのところなんとか使えているので、糸の巻き替えと洗浄、オイル刺しをして乾かしているところが右の上。

右下は、思いがけず手に入れた身体機能チェックの腕時計型ウエアラブル端末。基本機能で脈拍、呼吸数、活動量、睡眠状態、気分、エネルギーなどを測定。今後は血圧や血糖値、血中酸素濃度、体温、心電図などが記録できることになるらしい。すこし高価だがしばらく自分で使用してチェックしてみようと思う。在宅医療にも使えるかもしれない。国産のものではない。

風がないのでひさしぶりに石窯に火を入れてピッッァでもと話していたが、午後はけっこう蒸し暑くなったので断念した。昨夜の獲物を相方がいろいろ調理してくれて、それなりに楽しい夕食なのだ。

歯石のお掃除2017/09/06 21:15

人生のなかごろまでは、歯はだいじょうぶと思っていたのだが、姪の結婚式まえにいきなり前歯が抜けて大慌てしたころからぐっと気をつけるようになった。

年に3-4回は歯石掃除をしていただくようにしているが、ここのところ1年近く空いていたようで、今日処置を受けた。

痛いし怖いのですよ。虫歯などでやむをえずではなく、とくになにもないのに処置を受けるというのはなかなか勇気がいる(笑)。

しかし、掃除してもらったあとはじつに気持ちがいい。これを持続できたらいいのだが。

タイトな一日2017/09/05 22:25

昨日のリカバリーを経て、今日はかなりタイトな一日だった。すべての仕事を終えて帰宅したのは20時半。朝食から水だけで12時間をがんばった。

介護認定審査会でもなかなか悶々とする審査が多くて、こういう審査のときは合議体の長どころか審査委員そのものもやめたくなる。2000年の介護保険制度発足以来ずっと審査しているので、もう18年になる。ぼつぼつやめたいなあ。とはいえ、今年度からは任期が2年から3年に伸びてその1年目。古希まで続く。

こんなときに限って読みたい本がamazonからどんどん届くので困ったものだ。ついでに定期購読の雑誌も…。そんなことを言いつつ、夕食どきは録画してあるテレビ番組も見る。

ああ、もっと時間が欲しいね。寝なくていいならやりたいことがたくさんある。おそらくわたしは死ぬまで眠剤は使わないだろうね。

リカバリー2017/09/04 22:43

8月の末の第五曜日ともともとの予定なしの週末がうまくリンクして、水曜日から今日まで白浜で過ごして仕事は電話連絡だけであった。ほぼ一週間も仕事から離れていたわけで、いくら仕事をしないわたしにもこんな機会はあまりない。

残念なのは、憎き颱風15号によるウネリと風で海に出られなかったことだ。昨日の午後には港に行って船の掃除などをしていたのがせめてもの海との関わり。

早朝に白浜を出て10時前に宝塚に帰着。すぐ着替えて月曜日の仕事にかかる。郵便物やamazonからの荷物がたくさん貯まっていた。しかし、予定の仕事は少しだけであって、長い休みのリカバリーにちょうどよい一日である。

明日は診療や介護認定審査会などでかなりタイトな一日。

日常に戻る。

ネット回線を取り替える(2)2017/08/25 23:14

今日は電子カルテの業者さんがきて光回線への変更の処置をしてくれた。VPNルーターを交換したらじつにあっけなく開通した。プロバイダはわたしがずっと昔のパソコン通信のころから親しんでいる朝日ネット(ATSON)である。じつは最小単位ではあるが株主でもある。

体感ではADSLから100倍くらい速くなった(笑)。「隼」1GBからふつうのハイスピード200MBタイプには31日に切り替えられるとの連絡もあって、そうなるともうすこし遅くなるかもしれないが、体感できるほどのものかどうかは疑問だ。

電子カルテの動作はもちろんだが、それ以外のネット環境が劇的によくなった。

こうなると自宅のデスクトップ機の遅さが際立つ。VAIOを持ち歩くので、自宅のそれは用途転換することにした。いったん身軽にしてやる作業は9月に入ってからかな。