ともかく暑いのである2017/07/15 23:10

朝からフレブル恬のお薬をもらいに獣医さんのところに。しばらくあと患者さんから処方のことで相談があって、診療所へ。どちらも非公式(笑)なのでカジュアルな服装。

でも暑い。

汗臭さがピークなのでフレブル恬のお風呂。年をとった最近はフレブル恬が超嫌いなお風呂も抵抗が少なくわたしも助かる。お互いご自愛しなければねえ。

午後から仕事に関係した勉強会があるので、スーツにネクタイで出かける。午前のカジュアルより暑いと思いきや、同じである。暑さの部位が微妙に違うが、スーツにネクタイだから暑いということはない。ともかく公的な場にはこれで出ることを自分に課しているのだ。クールビズはわたしには関係ない。

勉強会のあとの「情報交換会」という名の懇親会。勉強会の主催がわたしの出身法人なので、何人かの旧知のかたと情報(笑)交換。

会場の一流ホテルを辞して外に出ると、暑い。

ともかく汗を洗い流したいと一日中思っていた週末である。

タイトな予定がないとほっとする2017/07/14 23:16

早朝に目覚めてリビングから外を見る。明るい晴天ならいい気分になるはずだが、この時期はそういう好天のときにタイトな仕事があるとげんなりする。予定がないとほっとする。この年になると真夏の炎天下にはなるべく出たくない。

今日は午後遅くからの在宅介護のケアカンファレンスの予定だけだったので、朝寝でもしようかと思っていたのだが、しかし寝室の暑さに耐えきれずいつもの時刻に起きてしまった。

患者さんには無理をせずにエアコンつけてと言い回っているわりには、わが家はけっこう我慢するので暑い。エアコンをオンするタイミングは、暑さでフレブル恬の息が上がってくることであったりする。

ネクタイ装着がディフォルトなのだが、今日は1日のうちでも最も暑い時間帯に外出しなければならないので、ネクタイだけは堪忍してもらった。体感はあまり変わらないのだがね。

カンファレンスのあと職場でしばらく事務仕事をしたあと、市役所と医師会に立ち寄って早めに帰宅。けっきょく今日は昼間のエアコンはなかったようだが、入浴前にオンにした。フレブル恬は宵の口からリビングで爆睡。昼間が暑くて眠れなかったのだね。

祇園祭や天神祭が近づいてきて、いよいよ関西の夏のピークの1ヶ月だ(泣)。

困難ケース2017/07/11 23:09

わたしは仕事のことはほとんど書かないのだが、ここのところ複数の患者さんにちょっと悩む事態が続いて悩んでいる。長らく在宅医療をやってきているわたしなのだが、あまり経験したことのない事態。具体的なことは書かないが「医療」としての対策はみなさんが嫌がる胃瘻とか静脈栄養ということしかないので、それを選択するのかご家族に説明してもなかなか解決しない。

しかもそれが複数同時進行である。

夏の暑さは熱中症だけではない負担を高齢者に強いる。

老々介護をしておられて、お年寄り同士でなんとか生活しておられたご家庭は、夫のケガでの入院から1週間もせずに妻も不調になって入院して崩壊した。退院後の生活の見通しはたたない。そんなことはわたしたち在宅チームは予測していたが、当事者は「人ごと」としか思っておられなかった。

それは、いまわたしたちが予測していても当事者が「人ごと」と思っておられる圧倒的な多数のご家庭で、明日にでも起きることなのだ。

分かっているつもりでも、これだけ重なるとじつに忸怩たる気分になるのである。

縮むし減ってるしが悲しい(泣)2017/07/06 00:10

年に一度の医師会の健康診断を受けてきた。

すぐに分かるのが身長、体重や腹囲などだ。身長は確実に昨年より縮んでいる。若いころは172cmあったはずだが、何年か前に170を切った。「ああ、縮んできたな」と悲しんだが、以後もじわじわと縮みつづけているのである。168cm台になってしまった(泣)。

体重は、いまはとくべつ意識しなくても増えないような習慣ができているが、以前からのダイエット注意が効を奏したのか、ちゃんと70kg以下になった。腹囲については全身が弛んで下腹部にしわ寄せがきているか、あるいは内臓も下垂してるのか、やはり86cmというところからは減らない。80cmくらいになればパンツの選択肢が増えるのだけどねえ。

肺機能も正常。喫煙をやめてから28年だから、さすがにもうCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の発症はないだろう。腹部超音波検査ではいつものように脂肪肝。後日結果のでる血液検査ともども、これは酒好きのサガだ。

眼圧正常、眼底もちらっと見せていただいた映像からは問題なさそうだ。心電図もだいじょうぶそう。胸部CTと胃の造影検査の結果は後日。

ほんらいの健診以外のオプション検査代を支払うのを忘れて、朝からの絶食に耐えられず近くのうどん屋さんに突っ込んだのであった。

センナ製剤を服用して消化管造影剤の排出も順調にいったので、今夜は熟睡できそうである。

半年がすんでしまった2017/06/27 22:18

水曜日には予定の診療は入れていないし、木曜日からは第五週なので、今日で6月の訪問診療が終わった。時間があったので、レセプト点検もしてしまった。請求は5日から10日の間しかできないので、来週の作業になる。介護保険の請求ファイルもフロッピーディスクに作成ずみ。

で、よく考えたら、これは6月分の作業であって、2017年も半分すんでしまったわけである。どうする。

ここのところ軟着陸のために仕事を減らしてきて、診療報酬の請求額もけっこう少なくて、しかもあとをついでくれそうなドクターもみつかってちょっと安堵しているところではあるものの、やはり半年の早さはショックである。

今年になって本業ではなく本業の周辺のお仕事を「恩返し」のつもりで入れだしているが、それもどれだけいつまでできるだろうか。この年になっての新しい仕事を覚えるのはなかなかたいへんである。ちょっとした新たな機材の用意も必要だし。なにを始めるのかはこれまで同様明らかにはできないのだけれども。

さて、明日から白浜に帰るが、後半もまだお仕事をがんばらねば。

段取りの組み立てが…2017/06/22 22:04

午前中からの訪問診療はとくに問題なくきちんと順序立てて回ることができた。件数がすこし多かったので、正午を大きく回ってしまったが、そんなことはよくあることだ。

いちど診療所に戻って、午後からの用件のために再出発したのだが、それらを終えてじつはなんという段取りの悪さだったかと反省している。ちょっとボケてきたのではないか、なんと無駄な動きをしてしまったのか。

何軒かの患者さんに居宅療養管理指導をお願いしている薬局が2軒、医師会、市役所の福祉事務所、川西警察署、車のディーラーを回るのだが、途中で忘れ物をしたり、あとで思い出して同じ行き先に二度行くことになったり、時間切れしそうであわてなくてはならなかったり、ほんらいは木曜日の午後はけっこうゆとりの時間なのに仕事を終えたのは17時近くになっていた(早いやないかいなということはさておいて)。

最短の移動で最小限の時間で行動する段取りを組み立てることにはそれなりの自信があったのだが、その自信もちょっと崩れそうになった一日。

七回忌2017/06/17 22:29

ささえあい医療人権センターCOML創始者の故辻本好子さんの七回忌の法要で長野県松本市にきている。三回忌以来である。

浅間温泉の神宮寺にある「夢幻塔」と名づけられた共同墓地に、辻本さんは眠っておられる。

神宮寺住職の高橋卓志さんの美しい般若心経と観音経の読経のあと、COML現理事長の山口育子さんから辻本さんとの思い出のプレゼン。そのあと参列者のトークがあって時間は過ぎた。

夕刻からの懇親会を経て濃密な時間が終わった。

前向き話2017/06/12 22:20

午後から「川西市猪名川町在宅医療介護連携支援センター運営協議会」(長いっ!)に出席。センター開業から約2週間、相談件数は3件ほどということだが、それでもほかに前例のないセンターなりに今後の検討課題がすこし見えてきた感じがして、会議は前向き方向だと感じた。

夕刻に数ヶ月後に川西で在宅診療所を開業する準備をしている友人をわたしを支援してくださってきた会社経営者さんに紹介した。わたしも予測していなかったような前向きな話題が出てきてちょっと嬉しい。リタイア向けのわたしもこの友人がきてくれれば非常に心強い。

わたし自身がアクティブな在宅医療がしんどくなってきているのはちょっと寂しいのは昨夜書いたばかりだが、価値観が似ている同業者とコラボできるのは明るい心持ちになる。楽しみだ。