メキシコの地震2017/09/20 22:32

それにしても。

同じ日に大きな地震が起きるとは、偶然とはいえなんだか背筋が寒くなる。

http://www.sankei.com/world/news/170920/wor1709200012-n1.html

32年前の大地震の記憶はあまり鮮明ではないが、あった事実は覚えている。そもそも今のように情報があちこちからリアルタイムで届いたり、鮮明な映像記録、とくに揺れているさいちゅうや建物が倒壊する瞬間などの映像は皆無であったころだ。思い返せばパソコン通信前夜くらいだったか。

ちなみに阪神淡路大震災はインターネット前夜であった。

それでも今回もアマチュア無線では短波帯のある周波数が非常通信用として全世界的にオープンされていて、それについては32年前と同じはずだ。

プレートに起因する地震はカリフォルニアからメキシコ、チリまでの帯状に起きるが、太平洋海嶺を挟んで日本列島弧からインドネシアまでも同じだ。ちょっと薄気味悪い。

いろいろどうでもいいこと2017/09/10 23:42

 
朝から凪だ。昨日より穏やか。しかし、ひさしぶりに身体を動かしたために、昨夜からずっと筋肉痛や腰痛があって、今日はもう海に出る元気がないのである。こんなことではあかんのだが、しかたないのである。

運動不足の前期高齢者の無様な姿なのである。整形外科のドクターに「ロコモっ」とか言われても「さいでんねん」としか言えないのである。情けない。

昨日は写真左のジグ、ダイソーで100円のものでシイラやマルソウダを釣ったのだ。ダイソーにハサミを買いにいったついでに予備として今日また購入してきた。並行してフカセをやっていたリールは、わたしが白浜に家を建てて、町内の釣りの師匠の船に乗せていただき始めたころに買ったdaiwaのベイトリール。もう10年近く使っていて、一部部品も失われているが、いまのところなんとか使えているので、糸の巻き替えと洗浄、オイル刺しをして乾かしているところが右の上。

右下は、思いがけず手に入れた身体機能チェックの腕時計型ウエアラブル端末。基本機能で脈拍、呼吸数、活動量、睡眠状態、気分、エネルギーなどを測定。今後は血圧や血糖値、血中酸素濃度、体温、心電図などが記録できることになるらしい。すこし高価だがしばらく自分で使用してチェックしてみようと思う。在宅医療にも使えるかもしれない。国産のものではない。

風がないのでひさしぶりに石窯に火を入れてピッッァでもと話していたが、午後はけっこう蒸し暑くなったので断念した。昨夜の獲物を相方がいろいろ調理してくれて、それなりに楽しい夕食なのだ。

いい海だった2017/09/09 21:52

1ヶ月ぶりくらいに船を出せて、軽いウネリだけだったので、わたしの船で行けるいちばん沖(だとこわがりのわたしが勝手に思っている)の瀨戸ヶ瀬まで。

なにげなくダイソー(百均の店)で買ったジグ(ルアー)の仕掛けを投げ入れたら、なんと猛烈な当たりがあった。ジグは百均だし、ラインはPEの1.0、リーダーも2.5号のフロロという貧弱な仕掛けなのに、ともかくどんどん引っ張られる。

騙し騙しなんとか寄せてきたら、これがなんとシイラだ。それほど大きくはないがしかしそこそこのもの。50cm級であった。シイラは釣り人に嫌われているようだが、わがやはシイラのフライが好物。わざわざ買ってきてまで作るほどなのでもちろん取り込む。しかし、暴れまくるので船のなかが血しぶきだらけになった。

風がでてきたので湾内のほうに撤退して続けていると、これはあまり美味しくないらしいマルソウダの群れに突っ込んでまたまた百均ジグや相方のフカセにヒットした。

ひさしぶりに出たが、いい海だった。足腰痛い(泣)。

無理やりオフ2017/09/08 23:04

金曜日の午後から医師会の会議があるので木曜日に白浜に帰れなかった。会議がすんでからアタフタと帰宅。午後6時半着。

歩いていけるお店にひさしぶりに行って夕食。弟がキープしている黒霧島のボトルをちょっと失敬。

気持ちのいい風のなかをふわふわと歩いて帰ってじつにいい気分の夜である。満月直後の空は明るい。

最近、耳鳴りがあるので、どれが虫の声か耳鳴りか分かりにくいが、まあともかく初秋の気分の宵。無理やりオフ

リカバリー2017/09/04 22:43

8月の末の第五曜日ともともとの予定なしの週末がうまくリンクして、水曜日から今日まで白浜で過ごして仕事は電話連絡だけであった。ほぼ一週間も仕事から離れていたわけで、いくら仕事をしないわたしにもこんな機会はあまりない。

残念なのは、憎き颱風15号によるウネリと風で海に出られなかったことだ。昨日の午後には港に行って船の掃除などをしていたのがせめてもの海との関わり。

早朝に白浜を出て10時前に宝塚に帰着。すぐ着替えて月曜日の仕事にかかる。郵便物やamazonからの荷物がたくさん貯まっていた。しかし、予定の仕事は少しだけであって、長い休みのリカバリーにちょうどよい一日である。

明日は診療や介護認定審査会などでかなりタイトな一日。

日常に戻る。

10年が近づくと2017/09/02 23:41

生活の場では、それなりの時間がたつといろいろと不具合が出てくるのは覚悟しているが、それが日常生活に必須のものだとかなり困ることになる。

夏場に冷蔵庫やエアコンが壊れるなどというのは最悪で、しかもそういうことが珍しくない。さいわいわが家では20年ほど前に冷蔵庫が故障してえらい目にあっただけだし、いまは宝塚でも白浜でも冷蔵庫は2台あるので、最低限のバックアップができる。

しかし、この夏まえから白浜の家の給水タンクのポンプに不調があり、そのうえ半月ほどまえにリビングの換気扇が壊れた。白浜に帰る期間が決まっているので、修理していただく業者さんとの日程調整が面倒である。今日それをすべてクリアできてちょっと安堵したところだ。

白浜の家は築9年。これからすこしづつ不具合が出てきそうな予感がする。この家はリタイアしたあと定住するつもりなので、元気なうちにきちんとメンテナンスしていくことにしている。高齢者世帯のお宅の荒れた状況を仕事がら少なくなく見てきているので、そういうふうにならないように気をつけたいと思うのである。

ひさしぶりに高野山2017/09/01 22:46

昨日は一日中海が荒れていたので、今日ははじめから海はあきらめて、以前から気になっていた高野山のお参りに行くことにした。

出発が少し遅くなったが、白浜-上富田-国道371-栗栖川-県道198-国道425-国道371-護摩壇山-国道371(高野龍神スカイライン)-高野山-国道480-かつらぎ町花坂-国道370-海南-国道42-阪和道/紀勢道-上富田という経路。

ひさしぶりに山道を長駆してきて、ちょっと疲れはしているが、走りやすい舗装道路がほとんどだった。

高野山は、夏のシーズンがすんだ平日ということもあってか、適度な人出のいい雰囲気。大師廟にお参りしたあと、母方の祖父の墓地を何年かぶりに参拝した。いろいろと事情はあるかと思うのだが、あまり手入れがされていなくてちょっと悲しい。

予定よりすこし遅い17時に帰宅。おるすばんのフレブル恬に叱られつつ風呂に入ったあと、いつもの「竹寶」さんで美味を堪能して、なかなか濃い一日を終えた。

天気晴朗なれども波高し2017/08/31 22:49

天気予報のとおりだった。

朝起きたら快晴。しかし北寄りの風が強く、リビングから見える田辺湾には激しく白波がたっている。颱風15号によるウネリもあるとも予報されていたので、海に出ることは断念したうえで、さてどうするかと思いながら時間だけがたっていく。貴重な休みなのだが、ダラダラもいいかと…。

それにしても明日もあさっても北寄りの強い風が吹くと予想されている。気象予報士試験の勉強をひととおりしたものの、ほぼぜったい受からないと確信して受験しなかったはんぱな知識では、なぜいまの気圧配置でこの風が吹くのか理解できない。颱風15号の影響はあるとは思うが、秋雨前線が東北日本方面にあるくらいしかとくだんの気圧配置がみられないのに、なぜ紀南でこんな風が吹くのだろうか。

明日も海遊びはあきらめて、ちょっと遠出しようかと思いつつ…。