2016年度の締め2017/03/28 23:45

3月28日は第4火曜日ということで、3月の予定訪問は今日で終了。ふつうは年度末はいろいろせわしないはずだが、わたしのところは3月が大の月ということもあって、たいていはのんびりできる。しかも今年は4月の始まりが土日になっているので、かなりの連休になってしまった。

仕事を終えて夕方から白浜に帰ってきた。途中でちょっと寄るところがあったので、白浜には21時ごろに着。火曜日は「九十九」さんがお休み。やっているなじみのお店もこの時刻からだとちょっと遅すぎる。

先日来、白浜周辺のFBFさんがモチカツオの写真を上げておられたので、おそらくと思っていつもの「デリカフーズ・ヨネダ」さんを閉店後のおかたづけ中なのに覗いてみたら、やはりモチカツオのパックがあった。もうこれさえあれば家ごはんも最高なのだ。

そういうわけで一杯やっておちついたところ。

しかし地域ケアの勉強会があるのと、すこし気になる患者さんがおられるので、30日にはわたしひとりで特急で戻る。31日にはまた白浜に帰ってくる。

まだタイが釣れる2017/03/12 22:24

パートナーがタイをおみやげにしたいというので、ふたたび朝から田辺湾に出動。2月と先週のポイントは、ほとんど魚影がなく、先週のポイントの付近を探る。

小さなガシラやハゲもきたが、これらはリリース。そのうちやはりマダイが当たる。このポイントでこれまでと同じような釣れかたをする。

養殖イケスからの脱走マダイがという話が当地で駆け巡っていて、そのつもりでよく見ると、半分以上が養殖育ちのように見える。逆にいうと半分近くは天然ものだ。ともかく美味しければいいのだ。

その後、黄灯台(京都大学防災研究所の観測塔)あたりにも転進したが、ここではチャリコ(マダイの幼魚)ばかりなので終了。

午後からは買い物とTantoの定期点検に田辺市へ。もう県道33号線白浜空港線の北行きは渋滞が始まっていた。阪和自動車道の渋滞が懸念される。わたしらはすこし前から日曜日の阪和道の渋滞を嫌って、月曜日の早くに宝塚に戻る日程にしている。すると御坊IC付近で事故、渋滞との道路情報が。

夕食にタイの刺身とソテー。ヒトハメのお吸い物。美味い。

201703112017/03/11 22:52

午後から畑仕事をしていた。小さな耕耘機を使っていてエンジンの音でつい聞こえなくなりそうだったが、14時45分ごろに白浜町の防災同報無線で311の放送が流れた。1446に黙祷しましょうという内容であった。もちろん放送にあわせて1分間の黙祷を捧げた。

毎年の今日は振り返るようにしている。南海東南海地震が「明日来るか」と思いながらも、さいわいにも紀南は無事である。ありがたいことに船で出てマダイをいっぱい釣ったりしている。

しかしながら、この日が近づくと、食事に行っているお店でも常連さんたちと「いざ」の話題になるのである。わが家はおそらく地震と津波には大丈夫だと思われるが、そのあとは孤立する恐れがある。わが家のある丘は30m近い高さがある。しかし、建っている場所は半島の先のほうで、本土(?)に行くには津波被害を受けた地域を通らなくてはならないのだ。そこをすんなり車で通れるとは思えない。

311発災のとき、わたしたち夫婦は田辺市内に買い物に行っていた。あれが南海東南海だったら、わたしたちは家に戻れない。船で釣りをしていたら、津波に呑まれていたかもしれない。

運はじつに紙一重である。

合掌。

行きたいところがいっぱい2017/03/06 22:52

もうこの歳になって世界のあちこちに行きたいとは言わない(行きたいけど)。せめてわが国のなかで、あちこち行きたいところがあるので、行きたい。同世代のご夫婦がキャンピングカーで走り回っておられる気持ちがすこし分かる。

酷使されたEKwagonを手放して、娘たちが乗っていたTantoが白浜にきてから、白浜をベースにした日帰り探索のエリアが広がっている。車が山の中で故障するという心配がほぼなくなったので活動性が上がったのだ。

VOXYのほうはこの6月で初回の車検で、すでに6万キロあまり走っているがじつに好調であって、この車ならいますぐ日本中に行ける。でも、車ではなく、列車の旅もひさしぶりにしてみたいのである。早得グリーンでのんびりと「こだま」で東京往復してもあまり旅情はない。

最近はやりの豪華列車でなくても、わたしはいい(パートナーはどう言うか不知)。そういえば、パートナーが白浜から普通列車でどこかに行ってみようよと言っていたか。はやりの御朱印集めもやりかけているし。

学生のころにじつに日本中のあちこちに出かけていたことがふと思い出されて、いまはもう体力もないけれども、まああのころよりは金はある。ヒマはちょっとない。なんとかなるかねえ。

けっきょくはポイントか2017/03/05 22:49

昨夜けっこう遅くまで呑んでいたが、今朝はそこそこ目が覚めたので、ベタ凪の海に9時ごろから出て行った。

いつものルートで走っていたら、畠島のを回り込んだとたんにいっぱいの船が…。なかに知り合いのかたの船を見つけたので寄せてごあいさつかたがた釣果の情報を聞く。

「昨日はここらでマダイがいっぱいきたんやけどなあ、今日はまだ1本や」

とのこと。おそらく昨日の情報がかけめぐって船が集まっているのだろう。わたしらはもうすこし沖に出ることにしてそのポイントを離れる。じつは2月4日に15本を釣り上げたポイントを目指すつもりだったのだ。

そのポイントに行くと、すでに先客が3隻ほど。うううむ。2月4日ポイントに付けたが、魚探にはまったく反応がない。しばらく周辺を探ってみて、とりあえず始めてみたが、釣れたのは小さなベラだった。早々に移動。

つぎに向かったのは湾の真ん中にあってわが家からも見える浅瀬である。GPSにいくつかのポイントを登録しているが、それらには先客がおられたので、空いているあたりを探索していたら、いい位置に魚探の反応があった。

そこで始めたら、早々にパートナーに当たりがあり、それがマダイ。すこし小さいがしばらくここに腰を据えることにした。途中でしばらく当たりがない時間帯もあったが、終わってみればマダイがなんと25本。なかには30cm越えのものもあった。さらにしばしばエサがとられていると思ったら、ハゲ(カワハギ)が1本。

釣果はまたまたパートナーに負けたのであるが、そんなことはどうでもいい。

啓蟄にふさわしいポカポカとした穏やかな午前、凪いだ海の上でのんびりとではなくバタバタとしていたものの、いい時間を過ごせたのだった。

夕食はタイとハゲの刺身にタイの塩焼き。近場だったのでガソリン消費は5Lほどという経済的な釣りで大満足の一日である。

今夜も楽しかった2017/03/04 22:25

定例のスケッチ旅行のためのお休みが明けてから時間がたったが、今夜はようやく「九十九」さんにお邪魔した。

昨夜は池田の「頓珍館」さんで遅くまで楽しい時間を過ごしたが、ぜいたくなことに今夜はパートナーと二人で「九十九」さんを堪能。

Instagramでスケッチ旅行の断片を知っていて、フランスのなんと辺鄙なところまで訪れておられたのだと思っていたが、みやげ話を伺うともっと今回の旅のすごさを感じられた。ええなぁ。

わたしもわかいころにそんな旅をしたかった。

勤務医にはスケッチ旅行などというものは許されていなかったよ。

明るいうちから飲んでしもうた2017/02/19 23:47

若いころはともかく、還暦を過ぎてからはまずやらない明るいうちからの飲み会。毎年夏に高校の同期会があるが、それでもあれは午後4時を過ぎてから。今日はなんと13時からのスタートであった。

しかも、ほとんどのかたとははじめての出逢いなのに、じつに愉しく過ごさせていただいた。話題も多彩。おそらくわたしがいちばん年長だったと思うが、それでも興味深い知らない話が飛び交うのに圧倒されたのである。

17時すぎにお開きになって、じつにいい気分で帰宅。

いい町である。

春から冬へ2017/02/18 22:03

朝は風も穏やかで船を出そうかというほどのいい天気。洗濯物が乾く。田辺市に買い物。おつかいものを買いに梅干しの中田食品に行くと、庭の梅の木が満開である。

午後から庭の柵に塗料を塗る。テラスは毎年メンテしているが、柵のほうは新築してからいちども塗り直していなかったので、けっこう剥げて見た目もよくなかった。腰をいたわりながら塗りおえたころに、なんと風が強くなり雨が降ってきた(鳴呼)。

夜になってどんどん北寄りの風が強まってきた、予報どおりの西高東低パターンである。せっかくの春が半日で冬に戻った。

鍋の夕食が済んだら冷えてきて、石油ストーブの再登板となった。