海水浴は堪えます2017/07/23 21:09

朝から3時間ほど浜に行った。とはいえ、ほとんど荷物の番をしていただけなので、水に入ったのは数十分もない。それでも正午すぎに帰ってきて後始末をしているともうヘトヘトなのである。

午後から田辺に買い出しに行っても身体がほてってしんどい。夜はテラスでバーベキューのまねごとをしたあと、風呂に入ったら膝から下が真っ赤に焼けていた。ひごろから船で釣りをするので手は焼けてもだいじょうぶだ。釣りのときは夏でも長袖のTシャツに長ズボンだから、焼けるのは手だけ。下腿が日光に晒されたのはひさしぶりだ。相方はわたしよりひどく下腿が焼けている。

つぎからは上半身と同じように下半身も水着のうえにタイツ型のUV対策衣料を着なければならないと痛感。

海水浴は浜にいるだけでもかなり堪えますわ。

賑わっているぞ白浜2017/07/22 22:18

二週間ぶりに白浜に帰ってきた。土曜日に走る機会がないので覚悟していた阪和道の渋滞だが、近づくにつれて距離が短縮されてきて、昼過ぎに走るころにはたいしたストレスもないていどの渋滞に短縮されていた。

でも白浜に着くと、街は賑わっていた。夏はこうでなくては。

今回は孫娘がひとりでいっしょに帰っている。今日は富田の水に行ったりひさしぶりでちょっと荒れた庭でブラックベリーやゴーヤを収穫したりして、夜は「竹寶」さんへ。明日は朝から下の江津良海水浴場に行って遊ぶ予定。

かつてわたしが子どものころ、夏休みにこの白浜にきて白良浜で朝から晩まで遊んでいたのを思い出す。孫にもそういう記憶を残してやりたい。でも前期高齢者にはこの時期の浜はちょっと過酷かいなと思ってもいるのである。

だんだん賑わう白浜の町2017/07/09 23:06

今年から海開きが遅くなってまだ正式には白良浜は開けていないのだが、さすがにもう白浜の町は夏だ。

わが家の町内にある企業の保養所にもお客さんがきていて、下の江津良海水浴場も賑わうようになっている。わたしらと同じような「週末白浜人」のかたのなかには、夏の白浜が騒がしいから来ないというかたもおられるのだと、いつもお世話になっているお店のご主人から聞く。

わたしらは、幸か不幸か白浜温泉の中心街からすこし離れたところに家があるので、それほどの圧迫感を感じたことはない。もっとも、7月30日と8月10日の花火大会のときだけはべつである。

いろんな都合があって、来週と再来週は帰ってこれないかもしれないので、庭の作物がちょっと心配だ。日帰りででも帰るかな。

それでも、これからの一ヶ月半ほどが町にとっての稼ぎどきなのである。

暑さが…2017/07/08 22:38

あとで考えればまだまだたいした暑さではなかったかもしれないのだが、今日は朝からずっと暑さにめげてなにもせずにダラダラと家で過ごしていた。いくらなんでもと思って、午後にちょっと港に行ってみたが、汗だくになっただけで、とくに船になにかしたわけでもなかった。さすがに海に近いと風がすこし涼しい。

夕刻にヨネダの魚屋さんに行って世間話をしたりして、けっきょく年寄りにとって貴重な1日を無駄に過ごしたあんばい。

いつもの金曜日が満席だったので今夜「竹寶」さんに行ったら、新しく懇意になりそうなお客さんと邂逅。楽しい夕食だった。

帰宅してもう一杯と思ったら、相方からダメだしが…。

お茶、飲みます。

高速颱風2017/07/04 22:46

石垣島のあたりに颱風ができたようでと思っていたら、あっというまに上陸して縦断して走り去ってしまった。

警戒していたほどの被害がなかったのはじつにさいわいであった。

本州への再上陸は田辺市付近ということで、つまりわたしの家のあたりを通り過ぎたようだ。家に置いている気温や湿度や気圧や雨量を計測してネットで確認できる機器をチェックしたら、16時40分ごろに漏斗状の気圧低下の底がみられた。おそらくそのころに最接近または通り過ぎたのだろう。

モニターできる3台のネットカメラでの確認では、大きな被害もなかったようだ。そもそもそれらの1基は冬の季節風でカメラそのものが転倒したりするのだが、今回はちゃんと立って使命を続けている。

いつもこのていどの颱風ですんでくれればありがたいのだが。

それにしても、蒸し暑い。

蒸し暑いのである2017/06/30 23:47

深夜から未明にかけて紀南ではかなりの激しい雨と雷が通過した。

昼前ごろになってようやく小康状態になったので、午後の早くから日置川の「えびね温泉」に。

http://www.wakayama-onsen.jp/area/kinan/%E3%81%88%E3%81%B3%E3%81%AD%E6%B8%A9%E6%B3%89.html

平日午後なので地元のかたがたが入浴しておられるが、空いている。いい湯だ。白浜の住人がわざわざ入りにくるのだ。

しかし。

雨上がりで蒸し暑い。休憩室で相方を待つあいだも扇風機全開(冷房はない)。

そのうえ。

定番は風呂上がりに温泉水を使った出汁の熱々のうどんである。

汗をかいた。

それはそれで正しいえびね温泉である。だから夕食のあと、シャワーを浴びた。昨日の釣りでとくに下肢の筋肉痛があったのだが、相方ともどもほぼ快復している。

さすがにこの時刻になると蒸し暑さはましだが、でも涼しくはない紀南の夜。

ベタ凪2017/06/29 22:18

雨模様ではあって、さて日置川のほうの温泉に行くか船を出すかと迷ったが、ひさしぶりなので釣りに行くことにした。

じつにベタ凪なので、船はなめらかに走る、といいたいところだが、しばらく船底掃除をしていない(あとで確認したら昨年の9月にしたきりだった)ので、貝がついてスピードが出ない。ほぼフルスロットルでも16ノットがやっと。

これはいよいよいかん。

瀨戸ヶ瀬というポイントでいろいろ探るが、iPilotが作動しない(あとでおそらくバッテリー枯渇と判明)。ひさしぶりにアンカーを打って開始した。狙いはイサキなのだが、その後はゴマサバばかりが…。

一時雨が降ってきたが、すぐに上がるとみてパラソルで雨除けをしつつ続けるがやはりゴマサバが続く。

けっきょくポイントを変えたらイサキの赤ちゃんでリリースとかばかりで夕刻前に終了。

iPilotの不調が痛かったし、船底掃除を早急にしなければならないのが夏前の課題。

雨や雨や(2)2017/06/21 22:08

深夜から早朝にかけて紀南では激しく雨が降ったようで、一部の河川では氾濫危険水位になり、避難指示なども出ていたようだ。

じつにさいわいにも、わたしの家のあるところは雨にはじつに強い。ぜったいに冠水したり崩れたりはしない。だから深夜の豪雨もあまり気にせずに熟睡していた。

白浜町での時間雨量がとんでもなかったというニュースは朝になって見た。もっとも、白浜町といっても旧日置川町域でのものである。清流で有名な古座川流域ではさらに激しかったようだ。

とはいえ、高速道路や国道やJR線の一部不通にはなったものの、それほど大きな被害は出なかった。5年前の大水害の経験が生きているのかしれない。

じとじとと湿っぽい梅雨はいやなものだが、今年のような降りかたも困ったもんだ。