食べてすぐ寝たら牛になる2017/09/24 22:38

まさかと思って小さいころに親によく言われていた「食べてすぐ寝たら牛になる」をネットで検索したらいっぱいヒットした。ことわざとしては、

http://kotowaza.avaloky.com/pv_eat16_01.html

であるが、健康面からはじつは横になるのはいいとされる話もある。

なんでこのフレーズを思い出したのかというと、わがやのフレブル恬は年のせいかフレブルの食いしんぼのせいか、すこし前から食後に食べたものを嘔吐することが多くなっていて、主治獣医さんに相談していまは食事を2回に分けて与えている。つまり朝夕の食事の一部をとっておいて、最低数十分あけて与えるようにしているのである。

今夜は、人間の都合で夕食が遅くなり、したがって夕食続編がさら遅く、食べたあとそうそうに寝室に行って寝ようとしているフレブル恬に「食べてすぐ寝たら牛になるねんで」と言ったのである。本犬は「はぁ」というような顔をしているが、まあ顔を見たらもともと牛さんにも似てるわな。ちなみに顔が似ているわたしは(逆か。フレブル恬がわたしに似たのだ)、丑年である。

解散総選挙2017/09/23 20:32

先週くらいから一気に総選挙が話題になってきた。わたしがわざわざ言うまでもないことだが、なんとなく世間がざわざわしだしているように感じるのは考えすぎなのか。メディア、とくにテレビでは具体的に政治家個人を批判したり称賛したりという論調が減っているように思う。メディアとしてちょうどいい距離感とも思えるし、逆になにを自主規制しとるんやとも思う。

北阪神地区のわが兵庫6区は自民党のほぼ指定席のようになっているが、次回は議員定数削減のために川西市の一部が日本海側の市町と同じ選挙区になるらしい。そのあたりで混乱があるかもしれない。

わたしは数年前に医師会の政治団体である医師連盟を退会している。医師会がある種の組織票のように数えられているらしいが、それは無理だ。わたしのように医師連盟を脱退して明確に組織票と無縁と表明している医者は少ないかもしれないが、なあに、医師会は会員をグリップなんかできていない。医師会推薦とあってもそれだけのこと。票には結びつかないので候補者のみなさまは票読みには気をつけていただきたい。

しかし、それでも、選挙だというと、ちょっと心が騒ぐ前期高齢者なのである。

大木の威圧2017/09/22 21:05

午前に仕事をすませて、雨が降っていたが娘のお友だちがオープンしたというパン屋さんに行くことにした。場所は大阪府能勢町。以前に能勢町に訪問診療に行っていたとには、「寄らば大樹」の下でちょっとサボっていたりした「野間の大ケヤキ」のすぐ近くらしい。

まず大ケヤキさまにご機嫌伺い。

ソボソボと雨が降っていたが樹のそばでしばらくたたずむ。紀州の玉置神社に行ったときに山の霊気のようなものを感じたのだったが、さすがにこれほどの古木になるとたった1本だけで威圧されるような気分になる。見物客がほかにいないので静かだ。

樹木は、動物よりはるかに長い時間を生きてきている。このケヤキは樹齢一千年と言われている。考えてみるとちょっと怖くもある。
「あんたはん、ここでどんなできごとを見てきたんや」
わたしが知っている能勢での騒ぎは、地対空ミサイル「ナイキ」の基地を造る計画に激しい反対運動がおきた半世紀弱ほど前のことくらい。

http://www.nouminren.ne.jp/newspaper.php?fname=dat/201701/2017012307.htm

そのあとケヤキから見えている目的の「薪パン日々」さんへ。

http://www.makipanhibi.com/

わたしらでは発想できないような仕事を楽しげにやっている若いひとたちを眩しく思う。能勢の、こんな辺鄙な場所でもやっていけるような時代になっているのだろう。そもそもそこで地味だけどまじめにパンを作っているご夫婦がおられることを、ネットのない時代だとわたしらが知る術はなかったわけだから。

いろいろいやなできごともあるが、若い人たちの輝きはええなあ。

乱開発の町2017/09/21 23:57

川西はかつて農地と里山の村だった。

高度成長期に里山は切り開かれて住宅地になり、農地はモザイク状に転用されて、農道のまま分譲宅地や文化住宅が密集した。道が狭いのでその周囲はやはり転用農地が駐車場になった。建売住宅や駐車場を縫う農業用水路を勢いよく水が流れる。

住宅地は高齢化し空き家が目立つようになったが、いまや家や土地はなかなか売りにくくなっている。

転用農地に密集した住宅に囲まれた元々の農家でも高齢化や独居が進んでいる。

中心市街地にかつてあった商店街は壊滅して、隣の駅にも同じようなものがあるテナントビルとマンションばかりが目立つ。しかしそのテナントビルでも客の高齢化があっておしゃれな店が減りシャッターが目立つようになってきた。

川西だけではなく、とくに都市近郊の町では同じような景色がみられているのではないだろうか。

珍しくシラフでBlueRay「この世界の片隅で」を見た。この映画の舞台のたいへんだった時期からから、そのあと激しく浮かれていろいろと散らかしてしまったこの国が、いまやこんなことになってきたことに、ほぼその時代を生きてきたわたしはやや呆然とするのである。どこで間違ったのだろうか。

メキシコの地震2017/09/20 22:32

それにしても。

同じ日に大きな地震が起きるとは、偶然とはいえなんだか背筋が寒くなる。

http://www.sankei.com/world/news/170920/wor1709200012-n1.html

32年前の大地震の記憶はあまり鮮明ではないが、あった事実は覚えている。そもそも今のように情報があちこちからリアルタイムで届いたり、鮮明な映像記録、とくに揺れているさいちゅうや建物が倒壊する瞬間などの映像は皆無であったころだ。思い返せばパソコン通信前夜くらいだったか。

ちなみに阪神淡路大震災はインターネット前夜であった。

それでも今回もアマチュア無線では短波帯のある周波数が非常通信用として全世界的にオープンされていて、それについては32年前と同じはずだ。

プレートに起因する地震はカリフォルニアからメキシコ、チリまでの帯状に起きるが、太平洋海嶺を挟んで日本列島弧からインドネシアまでも同じだ。ちょっと薄気味悪い。

火曜日は働く2017/09/19 22:38

朝から在宅患者さんの訪問診療をこなして13時前に診療所に戻り、会計作業をして13時半から介護認定審査会、終わってすこし遅れて市医師会の介護保険在宅医療委員会に出席、そのあとこれまた少し予定時刻より遅れて有料老人ホームの訪問診療。もうそれが普通になっていて昼食はなしである。

火曜日はけっこう働く。しっかり働くのは火曜日だけだが。

有料老人ホームなどの集合住宅での在宅医療については、ある時期制度のスキをついて姑息な儲けかたをしようとする医療機関が続出したために、診療後の会計作業が複雑になってかつ手間がかかる。よって夕方も遅くまで作業しなければならない。

火曜日は遅くまで働く。遅くまで働くのは火曜日だけだが。

そういう仕事をしている古希前の在宅医はわたしです。

颱風一過2017/09/18 21:16

昨晩は21時すぎくらいに颱風18号が最接近したはずの宝塚だったが、さいわいにも風雨ともにたいしたものではなく、ちょっと拍子抜けのようなことであった。あきらかに中心からかなり近いはずなのに、やはり地形的な条件によるものだったのだろうか。

で、颱風一過の今日はさわやかな一日、最近は颱風のあとでもなんとなくジトジトするようにな日が多いので、今日はじつに気分がよかったのである。

それでも午前は訪問診療、午後から診療所に籠もって事務仕事。階下のデイサービスも開いていた。医療介護に祝日はないねえ。

颱風一過2017/09/18 21:16

昨晩は21時すぎくらいに颱風18号が最接近したはずの宝塚だったが、さいわいにも風雨ともにたいしたものではなく、ちょっと拍子抜けのようなことであった。あきらかに中心からかなり近いはずなのに、やはり地形的な条件によるものだったのだろうか。

で、颱風一過の今日はさわやかな一日、最近は颱風のあとでもなんとなくジトジトするようにな日が多いので、今日はじつに気分がよかったのである。

それでも午前は訪問診療、午後から診療所に籠もって事務仕事。階下のデイサービスも開いていた。医療介護に祝日はないねえ。