かなりひさしぶりの巨大コンサート2017/12/17 23:26

桑田佳祐さんの「がらくた」ツアーのコンサートを見に京セラドーム大阪に行ってきた。スタンドの上段なので舞台の桑田さんは肉眼では表情までは見られない距離だったが、数十年ぶりの巨大なコンサート。桑田さんによると4万人の観客だったという。すごい。

入館するときはチケットの転売を防ぐための厳密なチェックがなされるのに「いまやそうなのか」と思う。

コンサートの中身については言うまでもない。61歳の桑田さん、元気だった。

感心させられたのは終演後の退館客のさばきかた。京セラドーム大阪はオープン当初と違ってJR大正駅のほかに大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線と阪神電鉄難波線の駅ができているので、外にでればなんとかなるようだ。問題はドームから出るまでだと思っていたのだが、ユニットごとの退館誘導をはじめ、退館時に「オマケ」の飲み物を渡すということで、出口ではみんな一列になるように誘導していた。見事だ。

そういうわけで、外は寒いがいい年末の日曜日になったのである。

これは忘年会かねえ2017/12/16 23:19

行きつけの「うなぎ処きし」さんで The Spoonful のライブ。

去年よりたくさんのお客さんがあって、たいへん盛り上がった。わたしらはお店のおなじみさんたちとの相席で、それはそれで楽しい時間を過ごした。

わたしの仕事場はひとりなので忘年会はないし、医師会のそれは今夜でライブとバッティングしたのを幸い、不参加にした。

来週にはわが家の、とはいえ夫婦二人の忘年会兼結婚記念日兼相方の誕生日をいつものミシュラン一つ星のお店で。

こんな平和な年末をいつまで続けていけるのかねえ。

生命保険2017/12/15 22:52

この年になるとかつて契約して何十年も保険料を支払い続けてきた生命保険が満期になって、さてこれからどうするということになってくる。

数年前、わたしはそれまでの高額のものが満期になって、以後は死亡保険金は1/10くらいになるが保険料の支払いがなくても死ぬまで補償されるか、それをやめていくばくかの一時金を貰って契約を終えるかの選択をした。前者にした。一時金を貰ってもとくに使い道もなかったし、せめて葬式代くらいは終身確保できるほうがいいと思ったのだった。

最近、親しいかたのご家族が癌で亡くなられて「がん保険が助かった」ということを伺った。いまわたしが残している生命保険のうち、入院特約などがあるものにはがん特約がなかったのだが、人の気持ちを見透かしたように一昨日がん特約を追加しませんかというダイレクトメールがきた。なんとも「人の弱みにつけこみ業」の面目躍如だとは思うものの、まあすこしの追加で補償されるのならと思って申し込むことにした。

死亡保険金は子どもも独立したいまやもうたいして必要はないが、死ぬまでに必要なお金については算段しておいたほうがいいのかな。いまは経済的にとくに困っていないのだが、自分が病気になるとたちまち収入がなくなる自営業。

危機管理のひとつではあると思う。

寒さが…2017/12/14 22:03

日本全国寒いらしいのでわたしの生活圏だけではないのは分かっているが、じつに寒い。自宅マンションのある丘ではここ数日の夜間の気温はほとんど零度になる。今朝はうっすらと雪が被っていた。

それでもなお普段のわたしは基本的に夏と変わらぬ衣装。スーツが間物になっているのと下着がヒートテックになっているのが変化だが、着用枚数は夏と同じだ。車がほとんどなのでコート類は着ない。だから短距離短時間であっても寒い。もちろん電車や徒歩移動のときはコートは着る。

自宅マンションのリビングはもろに南に面していて、日がさしているときにはじつに暖かく、直接の日差しがあると背中が暑くて耐えられないほどなのだが、夜になると津々と冷えてくる。床暖房しか入れていないのもあるが、部屋暖房なしでいくつまで耐えられるのかと最近は心配になっている。

気がつけば年々暖房器具が増えているわが家なのであった。

昼ごはん難民2017/12/13 22:24

要件があって岸和田と堺に行ったのだ。

岸和田から堺への移動中に昼ごはんにしようかということになった。大阪府道40号線から国道26号線を走って、うどん屋さんか蕎麦屋さんを探すが、道路沿いの店はラーメン屋、焼肉屋、トンカツ屋ばかり。

泉州の人たちは脂っこいものしか食べないのか。

けっきょく相方は買ってあった塩パン、わたしはいつものように昼抜きで。

地元では幹線道路沿いだけでなく選択肢はあるのだろうけど、いやはや参った。

無線局の免許状2017/12/12 23:28

無線局の再免許申請をしなければならない時期が、失効の六ヶ月前から三ヶ月前ということを秋にふと思い出して、夏に申請したかどうか不安になったのが先月の初め。確認するしかないので、近畿総合通信局の航空海上課に電話した。お役所なのに担当のかたは優しかった。すぐ調べてくれて、ちゃんと申請がされていること、新しい免許状は12月のなかごろには届きますと。

で、届いた。

アマチュア無線の個人局、社団局がある。今回あせった船舶の国際VHF局がある。さらにほとんど使っていないがデジタル簡易無線局の包括免許の更新が今月しなければならない。

小型船舶操縦士免許のように、海上で海上保安庁の臨検があるわけではないし、いまわたしの車にはアンテナはついていないので、近畿総合通信局が警察と協力して各地で行われている検問にかかることもないのだが、しかし遵法は国民の義務だと思っているから、国際VHFの免許が失効していたら25Wのトランシーバをいったん取り外さなければならないところだった。5W免許ならハンディトランシーバを持っていないだけでいいわけだが。

ともかく、無線局というのはコンプライアンス遵守が求められている。

電波利用料もちゃんと納めているのである。

荒れてた2017/12/11 22:39

今日は年末だからか、医師会や市の会議もなく、ちょっとゆっくりできる上京で白浜から戻ってきた。朝の海は、土曜日と同じように白波が激しく荒れていた。

途中で見た大阪湾も激しく波が立っていた。しばしば時雨がくりかえしてきた。さすがに大阪では雪にはなっていなかったが、冷たい雨だったことは間違いない。

12月の前半でこれほど冷えたことは最近なかったのではないだろうか。もちろん四季がはっきりしているのはこの国のひとつの美しさではあるのだが、年をとるにつれて寒さや暑さがつらくなるのは悲しい。かつてほとんど暖房に配慮していなかったのに、ふと気がつくといろいろな暖房器具が増えているのだった。

トイレと浴室の温度に気をつけなければならないのは、年齢からすればしゃーないね。

無為な一日2017/12/10 22:05

またしばらく白浜には帰られないので、今日は海でと思ったものの、朝起きると昨日と同じような予報での凪だったので、また昼前くらいから荒れてくるのにちがいないと判断した。

だらだらと朝食の茶がゆなどを食べたあと、田辺に買い物に出たりしてなんとなく過ごす。しかし、午後になっても穏やかな天候が続く。出ればよかったと思ってももうしかたない。

もっとも、朝から釣りにいったかたは空振りだったと聞き及んでちょっと気が楽になった。水温が低いらしい。

これからの季節は風が強いので、なかなかいい気分で出ることができない。つぎは来年かねえ。