季節がひとつ変わったか2018/08/16 22:52

昨夜から雨が降ったり風が吹いたりという不安定な天気が今夜まで続いていた。夜遅くに帰宅したら、エアコンを入れた車内とあまり違わない気温になっている。

やや湿気があるのと、それでもなお熱気を含んだ建物のためにぼんやりと暑い室内のだめに、いちおうエアコンをかけたままにしている。留守番のフレブル恬のためにエアコンはつけたままにしている。

寒冷前線が通過して南に行った。寒冷前線の北側になったので一気に暑さが和らいだようだ。

この調子で秋にいってくれればいいのだが、そうはいかないだろうね。

コードブルー・コードレッド2018/08/15 22:38

用件があって大きな総合医療センターにいた。

院内の食堂で昼食をとっていたら「コードレッド」の一斉放送があった。「コードブルー」ほど知られていないし、別の意味で使われている病院もあるかもしれないが、重症外傷患者が救命救急室に搬入されるときに、院内の外傷に関係したいしやスタッフが救急室に参集するとともに、手術室や集中治療室が受け入れ準備をする合図である。

わたしが勤務医のころは一瞬で伝わるこういう決めごとはなかった。

しばらくして「xx病棟コードブルー」とのアナウンスもあった。スタッフは階段やエレベーターで急行しているのだろう。その様子を想像していたら、ふと45年前に勤務していた国立病院のことを思い出した。

その病院は旧陸軍病院で、木造二階建ての病棟がまだ何棟もあり、しかし敷地はとんでもなく広かった。外来棟にいて離れた病棟からいまでいう「コードブルー」で呼ばれると、100メートルくらいある渡り廊下を全力ダッシュしなければならなかったのだった。まあそのころはまだわたしも25歳だったからねえ。

大きな病院にくると浦島太郎状態になるろーとる開業医である。

ゲリラ雷雨2018/08/14 23:50

ウエザーニュース社のアプリに関連して「ゲリラ雷雨防衛隊」というのがある。怪しい雷雲や積乱雲を見たら写真つきでレポートを送信するというもので、こういうのもまとまるとなかなかのデータになるようだ。

もともと観天望気に興味があるので、いまの時期は以前から激しい積乱雲の発達などをみると、不埒かもしれないが、ちょっとわくわくしたりする。

昨日行っていた岐阜県の郡上では、空を見て雷鳴を聞いてお墓参りを先にしたのが大当たりだった。今日は南東のほうに見えた雲で予想したら、そのとおりの大阪市内と東部に大雨洪水警報が出た。

本音ではこちらに多いめの雨が欲しいのにない。この時期はしっかり降ってくれないと逆に蒸し暑さがひどくなってしまうので、多いめがいい。けっこうしっかり降った昨日の郡上でも、雨が上がると舗装道路から一斉に湯気がたっていて、空気はむっとしてベタベタしていた。

明後日はゲリラではない前線の雨になるとの予報。これで涼しくなってくれれば嬉しい。

お盆の新大阪2018/08/13 22:20

新大阪から岐阜羽島まで往復してきた。

平日なのにさすがに大混雑していた。慣れないお客さんが多いからか、動線がバラバラで立ち止まる人も多い。それがよけいに混雑をひどくしているようだ。男性トイレに行列ができているのを初めて見た。

列車は、往路は「ひかり」、帰りは「こだま」だったが、これもほぼ満席。

夕方のMBS「VOICE」で40年前のお盆の帰省の風景を放送していた。指定券を買うのに何日も行列するとか、指定がとれなかったかたが並ぶために大阪駅前にテント村を作っていたとか。40年前といえばわたしが医者になってしばらくのころだが、わたしは生家が八尾だったのでほとんどそれを知らなかった。

いまや指定券はネットで予約、チケットレスで乗車して現金や行列とは無縁の時代。わたしが元気なうちにこういう時代になるとは想像していなかった。

いいのか悪いのか。

いちばんアナログ2018/08/12 22:01

午前の遅くから診療所に出向いて請求書の発送作業をしてきた。常時稼働のPCのために28度で冷房を動かしているのであるていどは涼しい。しかし、4階の最上階なので、天井からも熱気がおりてくるのが分かる。エアコンの設定は28度でも昼間の室温は30度を切ることはほとんどない。

めんどくさいことに、今月は前月までの未収分が5人もあって、そのうち1人は3ヶ月、もう1人は2ヶ月分の未収がある。それらをあらためて請求し、それに「未収になってまっせぇ、めんどくさいのでなんとかしてね(意訳)」と書き、合計請求額なども記載した別紙を添付する。じつに手間が増える。

そうでなくても請求書や領収書を出力し、それを分類し、前月の領収書などと合わせて折り曲げ、専用封筒に入れて封をして切手を貼る。なんとも単純作業で、ときに手を動かしながら居眠りしかけたりするのである。

診療行為という本業以外はほぼデジタル化しているのに、この毎月ある作業だけはじつにアナログである。

それも今月は終えたのでちょっと楽。

お盆のお墓参りはきつい2018/08/11 22:27

いわゆるハイシーズンにお墓参りすることはないのだが、今年はたまたま連休の初日にお墓に行った。道路は混んでいたし、高安山霊園は墓参の人たちで賑わっていた。うちのお墓の直近の駐車スペースは満車でしばらく待った。お盆はこんなことになるのかと、父が亡くなって18年もたってから実感した。

そして、いつものことながら、お盆のお墓参りはきつい。

墓石などは触るとひどく熱い。水を撒くと一気に水蒸気化してモワっとする。お花はおそらく一日で枯れる。なにより強い日差しがクラクラする。ひさしぶりに折り畳み日傘のお世話になった。

お彼岸のころは墓参しているかたがたはけっこう時間をかけてお掃除したり、そのままお茶をしたりして和んでおられるが、いまの時期はみなさんそそくさとお参りをすませて帰っておられるようだ。

暑いものねえ。

おなじみさん2018/08/10 23:18

今日くらいからお盆休みに突入しているのだろうか。町の雰囲気がすこし変わってきている。うちは休みにはしないが、明日以降にお墓参りとかを予定している。

今夜はいつもの「うなぎ処きし」さんに行ったら、おなじみさんの女性がたが偶然集まっておられて、期せずして楽しい女子会のようになった。わたしはおっさんとして傍聴(笑)。

気持ちのよいお客さんがたがたまたまいっしょになるのはじつに楽しくいい気分になる。なじみ客だからといって傍若にふるまうのがときどきいるが、それは正しいなじみ客とはいえない。ここのところ話題になっている格闘技の親玉さんなんかが馴染みのお店で喚いているのを想像する。

お店商売というのは難しいと思う。「うなぎ処きし」さんが禁煙店にしてからだいぶたつが、当初はおなじみさんの喫煙者からいろいろ言われたようだ。しかしいまや時代が追いついてきた。

歓迎されるおなじみさんも時代で変わるのである。

地図2018/08/09 22:54

テレ東「カンブリア宮殿」、地図メーカーの「ゼンリン」さんだった。地図マニアとしては見なければ。

いま、赤色立体地図のアジア航測(株)さんとともに、こちらは以前から住宅地図で名前が売れていたゼンリンさん。

訪問診療主体の診療所を開業したときにまず揃えたのが川西市と猪名川町の住宅地図だった。けっしてお安くない地図である。電子化されたもののほうが欲しかったが、15年前には冊子の地図より高かったので諦めた。

ドローン用の「空の地図」これはこれからの需要が大きいだろう。

地図マニアのわたしの好きさからは赤色立体地図のほうが興味度は上なのであるが、町歩き好きでもあるわたしにはほんとはゼンリンさんの地図は必須でもあるのだ。

私のiPhoneには地図アプリが7つインストールされている。それぞれが目的の違うアプリである。

いやぁ、地図は楽しいねえ。