行きたいところがまだまだ(国内)2017/09/16 23:28

録画している「新日本風土記」や「遠くへ行きたい」を見ていると、まだまだ行きたいところがいっぱいある。若いころにそう思うのとは違って、いまや残り時間や体力との勝負になるので、ちょっと焦ったりする。

海外にもいいところはいろいろあるが、いまやそちらは諦めた。

最近は白浜やその周辺でわたしら世代のかたがキャンピングカーで走っているのをよく見る。昔からそういうスタイルにもあこがれているので、ますます気になる。もちろん車内泊だけならいまのVOXYでもなんとかなるのだが、長距離長期の旅行にはちょっと辛そうだ。

簡単なキッチンとトイレがあり、小型の自転車を車内に2台積載でき、二人が眠れるベッドが設定できる車が、欲しい。

いろいろどうでもいいこと2017/09/10 23:42

 
朝から凪だ。昨日より穏やか。しかし、ひさしぶりに身体を動かしたために、昨夜からずっと筋肉痛や腰痛があって、今日はもう海に出る元気がないのである。こんなことではあかんのだが、しかたないのである。

運動不足の前期高齢者の無様な姿なのである。整形外科のドクターに「ロコモっ」とか言われても「さいでんねん」としか言えないのである。情けない。

昨日は写真左のジグ、ダイソーで100円のものでシイラやマルソウダを釣ったのだ。ダイソーにハサミを買いにいったついでに予備として今日また購入してきた。並行してフカセをやっていたリールは、わたしが白浜に家を建てて、町内の釣りの師匠の船に乗せていただき始めたころに買ったdaiwaのベイトリール。もう10年近く使っていて、一部部品も失われているが、いまのところなんとか使えているので、糸の巻き替えと洗浄、オイル刺しをして乾かしているところが右の上。

右下は、思いがけず手に入れた身体機能チェックの腕時計型ウエアラブル端末。基本機能で脈拍、呼吸数、活動量、睡眠状態、気分、エネルギーなどを測定。今後は血圧や血糖値、血中酸素濃度、体温、心電図などが記録できることになるらしい。すこし高価だがしばらく自分で使用してチェックしてみようと思う。在宅医療にも使えるかもしれない。国産のものではない。

風がないのでひさしぶりに石窯に火を入れてピッッァでもと話していたが、午後はけっこう蒸し暑くなったので断念した。昨夜の獲物を相方がいろいろ調理してくれて、それなりに楽しい夕食なのだ。

いい海だった2017/09/09 21:52

1ヶ月ぶりくらいに船を出せて、軽いウネリだけだったので、わたしの船で行けるいちばん沖(だとこわがりのわたしが勝手に思っている)の瀨戸ヶ瀬まで。

なにげなくダイソー(百均の店)で買ったジグ(ルアー)の仕掛けを投げ入れたら、なんと猛烈な当たりがあった。ジグは百均だし、ラインはPEの1.0、リーダーも2.5号のフロロという貧弱な仕掛けなのに、ともかくどんどん引っ張られる。

騙し騙しなんとか寄せてきたら、これがなんとシイラだ。それほど大きくはないがしかしそこそこのもの。50cm級であった。シイラは釣り人に嫌われているようだが、わがやはシイラのフライが好物。わざわざ買ってきてまで作るほどなのでもちろん取り込む。しかし、暴れまくるので船のなかが血しぶきだらけになった。

風がでてきたので湾内のほうに撤退して続けていると、これはあまり美味しくないらしいマルソウダの群れに突っ込んでまたまた百均ジグや相方のフカセにヒットした。

ひさしぶりに出たが、いい海だった。足腰痛い(泣)。

泉北ニュータウン2017/08/27 21:54

わたしは1974年ごろから5年ほど泉北ニュータウンに住んでいた。ニュータウンが開発されてまだ年が浅いころ、まさにニュータウンだったころだ。日本はまだまだ発展して世の中はよくなるとみんながキラキラしていたころである。

その後の日本は、ニュータウンがつぎつぎにオールドタウンになって、いまや住民の高齢化にどう対処しようかということになっている。

孫と遊ぶのに、泉北ニュータウンにある「ビッグバン」に行った。場所はわたしが住んでいたところのすぐ近くだが、街の様相が激変していて、駅前の景色にまったく記憶がなくなっていた。家から泉ヶ丘駅までほとんどなにもない未知を歩いていたのに、いまや大きな施設が林立している。しかし、たぶんそこを訪れるのは、ニュータウン外に住んでいる若い人たち。だから駐車場が満杯であった。

昔住んでいた家のあたりに行ってみようかとも思ったが、なんだか昔の「イヤな」記憶に繋がりそうでやめた。アマチュア無線に熱心だった時代と重なるのだが、そちらもあまりいまは関わりたくない気持ちだったりする。

怠惰な日曜日2017/08/20 23:33

けっきょくこの週末に船は出さなかった。早朝に出て午前中に戻るのなら暑さに悩むことはないのかもしれないが、たいてい前夜は遅くまで飲んだくれていて、朝は早くても8時ごろにしか起きないのである(泣)。

日が高くなるとしばらくして「熱中症注意」のメールが配信されたりして、言われなくても「お日ぃさんが、か〜」なので、船を出すどころか外にでることさえ躊躇する毎日である。首都圏をはじめ東日本のかたには申し訳ないが、西日本はずっと「正しいニッポンの夏」という毎日だ。

明日の朝早くに仕事に戻るので、西日がなくなってから日よけのよしずまがいのものを片づけた。月末まで帰れないのが残念だが、二週間後はもうすこし涼しくなっているかなと期待している。

この夏は白浜で過ごす時間がこれまでになく長かったように思うし、白良浜の花火も堪能できた。いい夏だったと総括できるかな。

終戦記念日2017/08/15 23:11

今日は通常業務、お盆なので空いているところは空いているが、妙な混みかたをしているところがあったり、運転が上手ではない車がうろうろしていたり、路上に他府県ナンバーの駐車が多かったりしてしょうしょう疲れたのである。

週末に遊んでいたぶん、雑用も残っていて、昨日も午後から消化していても間に合わず、けっきょくすっかり遅くなってしまった。

帰宅するとテレビでWOWOプライムの「永遠のゼロ」をやっていて、途中からではあるが夕食をとりながら見た。原作を読んでいないし、映画も初めてだったので、全編見たわけではないが、こんないい本を書く百田尚樹さんはなぜ一部からそんなに嫌われるのだろうね。地元のかただから贔屓するわけではないが原作を読んだ「海賊と呼ばれた男」もなかなかのものだったとわたしは思っている。

続いて以前にもいちど見ているが半藤一利さん原作の「日本のいちばん長い日」を食後の一杯やりながら鑑賞。

終戦記念日だからの番組編成だと思うが、さすがに重いテーマの映画を2本見て疲れた。終えてほっとしてもう一杯。

いまのところ平和でよかった。

天王寺の崖2017/08/09 21:11

かなりひさしぶりに一心寺さんにお参り。颱風通過後でかなりの暑さが予想されたが「男も日傘」を実践しつつ、両親の分骨が入っている第13期の骨佛にも手を合わせてきた。お盆にお墓は混雑していて行きにくいので、ちょうどよかったのである。そして奇しくも長崎の原爆忌。11時2分は一心寺に向かう阪神高速上だったので、黙祷は叶わなかった。

一心寺のお参りのあと、すこし南に行って、ここは半世紀以上ぶりの茶臼山と河底池。昔と違って背景にあべのハルカスがそびえ立っている。

そのあとは以前から行ってみたかった「天王寺七坂」方面へ。清水坂と天神坂を歩く。天王寺の、上町台地西端の崖にある坂である。かつてはこの崖の西は海。難波津が広がっていて、崖からは西方の海が見渡せたはずと想いをはせる。

せっかく近くまできたので四天王寺にも参拝した。しかしまあ、暑い。

帰ってから活動量計をみるとそれでも7000歩弱しか歩いていない。

七坂見学は今後に続く。

幸運と不運と2017/07/31 23:42

午前中に白浜を出て午後の医師会の例会に出るつもりだったが、昨夜の遅くに娘一家が白浜に遊びにきたので医師会のほうはちょっとサボらせていただいた。

e5489で「くろしお」の指定をごごに変更。駅に着いて発券してもらったあと、改札で「急な編成変更があったので」ということで手書きの赤ペンで修正を受ける。こんなのはじめてだ。

で、やってきたのは旧オーシャンアロー283系の予備編成。この編成はグリーン車が1号車で、編成の大阪側にあるイレギュラーなものである。わたしは6号車の一番大阪寄りの座席をとっていて、通常なら5号車の連結面に近い席なのだが、結果として運転席直後の展望席になった幸運。

新大阪行きを前面展望できることはほとんどない。白浜から新大阪まで本も読まずに景色を焼き付けたのである。

夕食は久しぶりに池田にある割烹で一杯やっかと池田で下車してお店に行くと、なんとお休み。以前にもこういうことがあったので電話しておくべきだったなあ。運がない。

一駅乗って川西能勢口のアステにある飲み屋さんで生ビール。

やれやれ。