六甲山牧場2017/03/26 23:03

雨になるのではないかと危惧していたが、朝の最新の予報では午後までだいじょうぶとあって、孫娘を連れて六甲山牧場に行った。パートナーとつきあっているころか、娘がいまの孫くらいの歳のときかに行ったきりのはずなので、30年ぶりくらいになる。

六甲山は母方の祖父の会社の小さな保養所があったので、子どものころによく行っていたので懐かしいうえに、若いころはデートスポットだったり車で攻める場所だったりして馴染みがある。

中国道から阪高北神戸線、裏六甲ドライブウエイ経由で小一時間。適度なドライブである。寒いし天気が悪そうなのでか、駐車場も空いているしお客さんもそこそこの入りで楽しい時間を過ごした。

のだが。

わたしの記憶ではもうすこしフラットなところだったが、行ってみたらなかなかアップダウンの激しい、年寄りには過酷なスポットだった。園内の最高点に行く山道の階段では、階段の落差の目視を誤って軽く転倒した。ひとり苦笑して歩き始めながら、まああと2年でわたしは70歳なのだなと思ったりする。

園内はヒツジたちが自由に歩き回っているので、ほぼどこにいっても彼らの丸っこいウンチがばらまかれている。それはそれでそうなのだが、なるべく踏みたくもない。足もとに別の気遣いも必要であって、それも疲れる。お弁当を持って行かなくてよかった。

しかし、昼食に入ったチーズ館のレストラン、チーズフォンデュはとうぜんながら、あとはステーキやカツレツやシチューなどなど。わたしらは夕餉にもほとんどとらないヘビーなメニューが並ぶ。わたしはなんとかいけそうなソーセージの盛り合わせ。美味しいのだが、水で食べるのも辛いのである。白浜の九十九さんではビールのアテである。

孫がたいへん楽しんでくれたので疲れもいとわないが、でも疲れた。歩数は1万歩弱ながら足腰に痛みがある。フラットなら昨年の伊勢参りでは2万歩越えでも平気だったこととだいぶ違う。

歳はとりたくないものだ。

http://www.rokkosan.net/

また最近積ん読が2017/03/17 22:46

読みたい本がある時期には波がある。

書店に立ち寄っても手に取る本がほとんどない時期もあるのだが、ここのところその逆で、書店で購入したりamazonで1clickで買ったり、Kindle本をダウンロードしたりで、積ん読が激増している。

読書時間があまり多くとれていないのにも反省かつ再考しなければならない。読みたい欲求が大きいのに進んでいないのがちょっとストレスである。

がんばらねば。

まだタイが釣れる2017/03/12 22:24

パートナーがタイをおみやげにしたいというので、ふたたび朝から田辺湾に出動。2月と先週のポイントは、ほとんど魚影がなく、先週のポイントの付近を探る。

小さなガシラやハゲもきたが、これらはリリース。そのうちやはりマダイが当たる。このポイントでこれまでと同じような釣れかたをする。

養殖イケスからの脱走マダイがという話が当地で駆け巡っていて、そのつもりでよく見ると、半分以上が養殖育ちのように見える。逆にいうと半分近くは天然ものだ。ともかく美味しければいいのだ。

その後、黄灯台(京都大学防災研究所の観測塔)あたりにも転進したが、ここではチャリコ(マダイの幼魚)ばかりなので終了。

午後からは買い物とTantoの定期点検に田辺市へ。もう県道33号線白浜空港線の北行きは渋滞が始まっていた。阪和自動車道の渋滞が懸念される。わたしらはすこし前から日曜日の阪和道の渋滞を嫌って、月曜日の早くに宝塚に戻る日程にしている。すると御坊IC付近で事故、渋滞との道路情報が。

夕食にタイの刺身とソテー。ヒトハメのお吸い物。美味い。

行きたいところがいっぱい2017/03/06 22:52

もうこの歳になって世界のあちこちに行きたいとは言わない(行きたいけど)。せめてわが国のなかで、あちこち行きたいところがあるので、行きたい。同世代のご夫婦がキャンピングカーで走り回っておられる気持ちがすこし分かる。

酷使されたEKwagonを手放して、娘たちが乗っていたTantoが白浜にきてから、白浜をベースにした日帰り探索のエリアが広がっている。車が山の中で故障するという心配がほぼなくなったので活動性が上がったのだ。

VOXYのほうはこの6月で初回の車検で、すでに6万キロあまり走っているがじつに好調であって、この車ならいますぐ日本中に行ける。でも、車ではなく、列車の旅もひさしぶりにしてみたいのである。早得グリーンでのんびりと「こだま」で東京往復してもあまり旅情はない。

最近はやりの豪華列車でなくても、わたしはいい(パートナーはどう言うか不知)。そういえば、パートナーが白浜から普通列車でどこかに行ってみようよと言っていたか。はやりの御朱印集めもやりかけているし。

学生のころにじつに日本中のあちこちに出かけていたことがふと思い出されて、いまはもう体力もないけれども、まああのころよりは金はある。ヒマはちょっとない。なんとかなるかねえ。

けっきょくはポイントか2017/03/05 22:49

昨夜けっこう遅くまで呑んでいたが、今朝はそこそこ目が覚めたので、ベタ凪の海に9時ごろから出て行った。

いつものルートで走っていたら、畠島のを回り込んだとたんにいっぱいの船が…。なかに知り合いのかたの船を見つけたので寄せてごあいさつかたがた釣果の情報を聞く。

「昨日はここらでマダイがいっぱいきたんやけどなあ、今日はまだ1本や」

とのこと。おそらく昨日の情報がかけめぐって船が集まっているのだろう。わたしらはもうすこし沖に出ることにしてそのポイントを離れる。じつは2月4日に15本を釣り上げたポイントを目指すつもりだったのだ。

そのポイントに行くと、すでに先客が3隻ほど。うううむ。2月4日ポイントに付けたが、魚探にはまったく反応がない。しばらく周辺を探ってみて、とりあえず始めてみたが、釣れたのは小さなベラだった。早々に移動。

つぎに向かったのは湾の真ん中にあってわが家からも見える浅瀬である。GPSにいくつかのポイントを登録しているが、それらには先客がおられたので、空いているあたりを探索していたら、いい位置に魚探の反応があった。

そこで始めたら、早々にパートナーに当たりがあり、それがマダイ。すこし小さいがしばらくここに腰を据えることにした。途中でしばらく当たりがない時間帯もあったが、終わってみればマダイがなんと25本。なかには30cm越えのものもあった。さらにしばしばエサがとられていると思ったら、ハゲ(カワハギ)が1本。

釣果はまたまたパートナーに負けたのであるが、そんなことはどうでもいい。

啓蟄にふさわしいポカポカとした穏やかな午前、凪いだ海の上でのんびりとではなくバタバタとしていたものの、いい時間を過ごせたのだった。

夕食はタイとハゲの刺身にタイの塩焼き。近場だったのでガソリン消費は5Lほどという経済的な釣りで大満足の一日である。

今夜も楽しかった2017/03/04 22:25

定例のスケッチ旅行のためのお休みが明けてから時間がたったが、今夜はようやく「九十九」さんにお邪魔した。

昨夜は池田の「頓珍館」さんで遅くまで楽しい時間を過ごしたが、ぜいたくなことに今夜はパートナーと二人で「九十九」さんを堪能。

Instagramでスケッチ旅行の断片を知っていて、フランスのなんと辺鄙なところまで訪れておられたのだと思っていたが、みやげ話を伺うともっと今回の旅のすごさを感じられた。ええなぁ。

わたしもわかいころにそんな旅をしたかった。

勤務医にはスケッチ旅行などというものは許されていなかったよ。

新日本風土記2017/03/02 23:25

昨年の暮近くにNHK BSプレミアムの「新日本風土記」を偶然みつけてから毎週予約録画して見ている。

http://www.nhk.or.jp/fudoki/

地域ごとではなく、なんらかのテーマをとりあげて、肩肘張らない構成、演出でおちついて鑑賞できる。地味だがけっこう心に残る映像が多い。テーマ曲「あはがり」もいい。

http://www.nhk.or.jp/fudoki/themesong.html
https://www.youtube.com/watch?v=RPW3VAtTl6s

先週土曜日の「堺」を今夜見た。若いころ住んでいた町だが、知らなかったことが多いのに愕然とした。いま、白浜への往復に通過するだなのだが、いちど平日の休みのときに歩いてみたいと思った。そういう気にさせる番組なのである「新日本風土記」は。

昨年の夏には「宝塚」があったらしい。見られなかったのが残念だ。

地上波の馬鹿騒ぎ番組や殺伐とした報道番組に辟易しつつあるので、こういう番組はじつに貴重なのだ。

尼崎駅は人も列車も…2017/03/01 22:55

兵庫県医師会での会議に昨年から出席していて、川西池田駅前に車を置いてJRで三ノ宮まででかけるようになった。それが月曜日。

今日はそれとは別の協議会(日本医師会館での協議会を全国の府県医師会にテレビ中継)に参加してきた。

JRの尼崎駅は、JR西日本の重要な結節点である。東海道線に福知山線とJR東西線が接続して、それぞれの方向で複雑な乗り入れと便利な乗り換えの運転をしている。そのために遅延が許されない空気が以前にはあって、それが例の福知山線事故の一因になったといわれているが、それはともかく。

人の流れとしてもJRが言うX型の流れがある。その流れを円滑にするために、改良を続けられた駅構内はなかなか快適になっている。

で、なんの話かというと。

三ノ宮への往路は、わたしが訪問している患者さんのご家族にばったり。神戸方面の普通列車に乗り換えるとのこと。わたしは新快速に乗るので駅での乗り換えの間だけの邂逅だった。

帰路、駅構内の書店で本を見ていると、市の医師会の会長さんから声をかけられた。県医師会の理事会の帰りだという。

尼崎駅は、列車が交錯する関西でも大きな乗り換え駅だが、人の流れも多くて今日のような出逢いが頻発する。

ここは半世紀前に高校に通うのにときどき利用していて、当時は未電化の福知山線列車がトボトボと出入りし、東海道線は吊掛駆動の旧国電の普通列車と湘南型の快速が、それでもなかなかの俊足で阪急電鉄や阪神電鉄を圧倒していたのだ。そんな気配はいまや微塵もない。

そして、三ノ宮参りのとき、東海道線の複々線、外側の列車線を快走する新快速に乗るとやはり興奮するのである。