京都へ2017/11/22 23:45

旧知の村山光生さん・綾子さんご夫妻の白雲窯作陶展に伺うためにひさしぶりに京都へ行ってきた。会場は河原町の四条のちょっと北という都心部。京都市内に車で行くのは無謀だと分かっているのでとうぜん阪急電車で。

往路は先頭車の前面展望できる座席が確保できた。淡路駅前後の立体化工事の進捗に興味があったので幸いであった。もっとも、十三から河原町までずっと前を見るために頸を右に向けていたら、寝違えに近いような痛みがでてしまった。

桂駅からお父さんと乗ってきた年長さんくらいの少年が運転室の扉にへばりついて前を見ていたのだが、西院駅手前から地下線に入って扉のガラスに遮光幕が下りて、わたしの側の窓から見に寄ってきた。烏丸駅で隣の席が空いたのでそちらに寄って、彼に特等席を譲ってあげた。お父さんが靴でわたしのパンツを汚すのではないかと気遣いしてくれたが、なんのなんの。短時間であったが、彼と電車のお話をしてわたしが楽しめたのである。わたしも君の年ごろからずっとそうやってきたんだよ。

河原町駅で下車してから途中にあるバー「イグレック」さん。以前に村山さんに連れてきていただいて美味しいカレーをいただいた。その後いちど時間に間に合わなかったのだが、今日はちょうど二階のお店から下を見ておられるマスターと目が合った。「まだいい?」と口でサイン、「はい」とのサイン(笑)。木屋町で嬉しいアイコンタクト。

河原町筋では異様な行列があって、どうも抹茶アイスの店のそれらしい。200人くらい行列してはります、若者中心に。なんなんや、アホみたい。

京都は好きだが、最近はちょっと違うなあと。

海賊とよばれた男2017/11/21 23:37

録画していた「海賊とよばれた男」を見た。

百田尚樹さんの原作はかなり前に読んだ。百田さんは過激な言動でいろいろ炎上したりしているが、小説はおもしろい。

不覚にもじわっときたりした。

そのあと、これも録画していた「ギャラクシー街道」をちょっと見ようと思ったら、あまりに荒唐無稽、錚々たる役者さんたちがまじめにやってるのがあまりにおもしろくてつい見入ってしまった。なんなんだこの映画。あはははは。

困ったもんや。

落語会2017/11/19 21:52

ひさしぶりに落語を聴きにいった。兵庫県立芸術文化センター中ホールでの「特選落語研究会2017」。いやあ、じつに楽しませていただいた。

桂二乗「阿弥陀池」
桂ひろば「大安売り」
桂ざこば「上燗屋」
入船亭扇遊「明烏」
仲入り
桂米團治「蛸芝居」
桂南光「抜け雀」

ざこばさんの高座はちょっとハラハラしながら聴きはじめたのだが、半年前に右片麻痺と失語症を発症したとは思えないほどの快復である。多くのみなさまはどう感じられたか分からないが、いちおう専門家の端くれのわたしからみるとほんとうにすばらしい。

マクラでご自身の病気体験で爆笑をつかまれたあと、まだ自信がないのでちょっと短い噺といって小咄、そのあともうちょっと長い噺と「上燗屋」を演じられた。非常に細かい部分の単語にいくつか間違いがあって、運動性失語のカケラが残っているように思えたが、しかしもともとざこばさんは病然から話すときに「んんんん」と詰まるクセがあったので、噺にはほとんど障害は感じなかった。

なんだか聴いていて感動した。

米團治さんは、なにか吹っ切れたのか、以前とは見違えるほどの上手さだと思った。扇遊さんは失礼ながらまったく存じ上げなかった東京の噺家さん。しかし、じつに引き込まれた。米二さんのお弟子さんの二乗さんとざこばさんのお弟子さんのひろばさんも若手(なのか?)ながら楽しませてくださった。

ほんとに笑った3時間あまり。いい気分である。

今夜の映画2017/11/14 22:34

一昨日と昨日の映画からがらっと変わって今夜の映画は絶頂期のエディ・マーフィの「ビバリーヒルズ・コップ」。4度目かなあ。何度見ても痛快で暗さのない作品で大好きだ。

仕事終わりの晩酌中はこういう娯楽映画がいい。

続編「ビバリーヒルズ・コップ2」も録画しているが、その前にマイケル・クライトン監督の「コーマ」をのんびりした日の夜に見る予定。「美味しんぼ」は始めだけ見て消去した。

「たまご」のDVDは未着。「リアリズムの宿」はちょっと元気なときに見る予定。

小林聡美さん主演のまったりした映画など、何年も前に買って、おいてあるDVDがけっこうある。河瀨直美監督の作品などものんびりと見返す余裕を作るのがつぎの目標である。

シン・ゴジラ、首都消失2017/11/13 21:52

昨夜から録画したパニック映画をふたつ立て続けに見ている。「首都消失」は30年以上前の作品で、キャストのみなさんが若い。物故された俳優さんも多い。特撮の技術は格段に違うし、30年前はCGという技術はカケラもなかった。しかしそれでもなかなかおもしろい。

小松左京さん原作の「首都消失」は「日本沈没」の10年ほどあとで書かれてわたしは夢中になって読んだ。「日本沈没」のあとには筒井康隆さんの「日本以外全部沈没」という作品も発表されて、わたしが日本のSFにはまるもとになったのである。

当時の人気SF作家さんも多く鬼籍に入られた。そらそうや、高校から大学で作品に夢中になったわたしがまもなく古希だものねえ。

文芸作品と同じように記憶に残るのだろうか。

台風通過2017/10/29 22:20

たいした被害もなかったが、たしかに南の海を台風が通過していった。近づくまでは強い雨と風。過ぎたと思われるころからは風だけが残って日差しが出たり。しかし海は激しく荒れたまま日が暮れた。

予報でも今後も風が強いとされている。突発的西高東低の気圧配置。わが家のあたりはモロに北寄りの風を受ける。明日の昼前後は10m/sもの風といあ。

けっきょく孫を連れてのアドベンチャーワールドは諦めた、というか、あの暴風雨では外出さえためらった。アドベンチャーワールドが無理ならすさみのエビとカニの水族館、それも道中危なそうなら町内の京大白浜水族館と考えていたが、そんなのも無理であった。

ロフトの物置からNゲージの線路と車輌を持ち出して、外の暴風雨を横目にプチ運転会。鉄子の孫はそれなりに楽しんでくれたようだ。線路への電源供給とポイントの切り替えのパズルはけっこう孫と相方の頭の体操になったようだ。ちなみに楕円に待避線と車庫線2線という単純なレイアウトだったのだが。

まだ風が強い宵の口から「九十九」さんで痛飲。ナギサビールはIPAからアンバーエールに切り替わる瞬間で両方を楽しめたのであった。

台風通過2017/10/29 22:20

たいした被害もなかったが、たしかに南の海を台風が通過していった。近づくまでは強い雨と風。過ぎたと思われるころからは風だけが残って日差しが出たり。しかし海は激しく荒れたまま日が暮れた。

予報でも今後も風が強いとされている。突発的西高東低の気圧配置。わが家のあたりはモロに北寄りの風を受ける。明日の昼前後は10m/sもの風といあ。

けっきょく孫を連れてのアドベンチャーワールドは諦めた、というか、あの暴風雨では外出さえためらった。アドベンチャーワールドが無理ならすさみのエビとカニの水族館、それも道中危なそうなら町内の京大白浜水族館と考えていたが、そんなのも無理であった。

ロフトの物置からNゲージの線路と車輌を持ち出して、外の暴風雨を横目にプチ運転会。鉄子の孫はそれなりに楽しんでくれたようだ。線路への電源供給とポイントの切り替えのパズルはけっこう孫と相方の頭の体操になったようだ。ちなみに楕円に待避線と車庫線2線という単純なレイアウトだったのだが。

まだ風が強い宵の口から「九十九」さんで痛飲。ナギサビールはIPAからアンバーエールに切り替わる瞬間で両方を楽しめたのであった。

日本の歴史2017/10/27 21:08

いまになっていろいろと考えてみると、わたしはなんと日本の歴史について無知なのかと情けなくなる。

若いころに得た知識は、知識というより断片的なキーワードばかりであって、現場のできごとの連続とその結果が教科書的な歴史になるということに、恥ずかしながらいい年になってやっと分かってきた。

自分のたかだか70年弱生きてきたなかで、古いものは歴史になっていることに気づき、ではそれは唐突にキーワードだったかというとそんなことはない。いろいろなものが複雑に絡み合いながら経過してひとつの大きなできごとになったということを実感的に経験していると確認できている。

熊野の本を読んだり、ちょっとブームらしい応仁の乱の本を読んであまりの複雑さに眩暈しそうになったりしながら、あらためて歴史のおもしろさに遅まきながら目覚めそうである。

そういえば、今回の突発解散とそれに伴う政党の浮き沈みも、後世の近代史には取り上げられることになるのだろうか。

理解力と記憶力が衰えていない若いうちにもっと勉強しておけばよかったとしみじみ後悔する秋の夜長なのである。