お盆の新大阪2018/08/13 22:20

新大阪から岐阜羽島まで往復してきた。

平日なのにさすがに大混雑していた。慣れないお客さんが多いからか、動線がバラバラで立ち止まる人も多い。それがよけいに混雑をひどくしているようだ。男性トイレに行列ができているのを初めて見た。

列車は、往路は「ひかり」、帰りは「こだま」だったが、これもほぼ満席。

夕方のMBS「VOICE」で40年前のお盆の帰省の風景を放送していた。指定券を買うのに何日も行列するとか、指定がとれなかったかたが並ぶために大阪駅前にテント村を作っていたとか。40年前といえばわたしが医者になってしばらくのころだが、わたしは生家が八尾だったのでほとんどそれを知らなかった。

いまや指定券はネットで予約、チケットレスで乗車して現金や行列とは無縁の時代。わたしが元気なうちにこういう時代になるとは想像していなかった。

いいのか悪いのか。

いちばんアナログ2018/08/12 22:01

午前の遅くから診療所に出向いて請求書の発送作業をしてきた。常時稼働のPCのために28度で冷房を動かしているのであるていどは涼しい。しかし、4階の最上階なので、天井からも熱気がおりてくるのが分かる。エアコンの設定は28度でも昼間の室温は30度を切ることはほとんどない。

めんどくさいことに、今月は前月までの未収分が5人もあって、そのうち1人は3ヶ月、もう1人は2ヶ月分の未収がある。それらをあらためて請求し、それに「未収になってまっせぇ、めんどくさいのでなんとかしてね(意訳)」と書き、合計請求額なども記載した別紙を添付する。じつに手間が増える。

そうでなくても請求書や領収書を出力し、それを分類し、前月の領収書などと合わせて折り曲げ、専用封筒に入れて封をして切手を貼る。なんとも単純作業で、ときに手を動かしながら居眠りしかけたりするのである。

診療行為という本業以外はほぼデジタル化しているのに、この毎月ある作業だけはじつにアナログである。

それも今月は終えたのでちょっと楽。

お盆のお墓参りはきつい2018/08/11 22:27

いわゆるハイシーズンにお墓参りすることはないのだが、今年はたまたま連休の初日にお墓に行った。道路は混んでいたし、高安山霊園は墓参の人たちで賑わっていた。うちのお墓の直近の駐車スペースは満車でしばらく待った。お盆はこんなことになるのかと、父が亡くなって18年もたってから実感した。

そして、いつものことながら、お盆のお墓参りはきつい。

墓石などは触るとひどく熱い。水を撒くと一気に水蒸気化してモワっとする。お花はおそらく一日で枯れる。なにより強い日差しがクラクラする。ひさしぶりに折り畳み日傘のお世話になった。

お彼岸のころは墓参しているかたがたはけっこう時間をかけてお掃除したり、そのままお茶をしたりして和んでおられるが、いまの時期はみなさんそそくさとお参りをすませて帰っておられるようだ。

暑いものねえ。

おなじみさん2018/08/10 23:18

今日くらいからお盆休みに突入しているのだろうか。町の雰囲気がすこし変わってきている。うちは休みにはしないが、明日以降にお墓参りとかを予定している。

今夜はいつもの「うなぎ処きし」さんに行ったら、おなじみさんの女性がたが偶然集まっておられて、期せずして楽しい女子会のようになった。わたしはおっさんとして傍聴(笑)。

気持ちのよいお客さんがたがたまたまいっしょになるのはじつに楽しくいい気分になる。なじみ客だからといって傍若にふるまうのがときどきいるが、それは正しいなじみ客とはいえない。ここのところ話題になっている格闘技の親玉さんなんかが馴染みのお店で喚いているのを想像する。

お店商売というのは難しいと思う。「うなぎ処きし」さんが禁煙店にしてからだいぶたつが、当初はおなじみさんの喫煙者からいろいろ言われたようだ。しかしいまや時代が追いついてきた。

歓迎されるおなじみさんも時代で変わるのである。

想像力2018/08/08 23:17

首都圏に台風が近づいていて東京ではいろいろたいへんなようで、気をつけていただきたいと思うが、ニュースを見ていると宅配ピザの注文が激増しているとか、明日朝のタクシーの予約が殺到しているとか、まあみなさん考えることはいっしょなようである。

しかし、盆正月、ゴールデンウイークなどにも思うのだが、多くの人たちが休んだり不便するときに、それをカバーしているホテルスタッフやピザ屋さんのデリバリー係やタクシーの運転手さんがいらっしゃるのである。そのかたがたも通勤しているわけで、どれだけのお客さんたちがそういうことに想像力を働かせておられるかな、と。

これからが台風のヤマ場、そういえば首都圏に突っ込む台風ってしばらくなかったのか。

じっとしているのが吉だと思うのである。

メディアスクラム2018/08/07 23:22

何年か前の学校法人の理事長を思い出すが、グラサンの下品なおやじに対するここのところのメディアスクラムにはちょっと辟易する。

高校野球があるので、地上波では1局が脱落していてまだましなのかもしれないが、昼間の番組ではどこを見ても、あの、知らなければ反社会的勢力の人そのものという顔が映される。

まあ番組作りとしては、派手さやなにを言うか分からない期待感など、メディアのかたがたの絶好の餌食、大学の入学試験に関することや、国会議員の差別的な雑誌記事など、地味すぎてペケなのだろうか。

さて、これはいつまでネタになるのだろうかねえ。

風評被害2018/08/06 23:11

倉敷市の美観地区へのお客さんが減って危機感をもっているという。同じ倉敷市の真備町での洪水被害が知られて、観光スポットへの客が激減しているのだという。

いろいろな災害があるたびに、観光で生きている町への客の減少が問題になっている。たしかに地震災害のときは、近隣に行くのは躊躇するだろう。でも一過性の災害のあとは、被災していないところは無関係なのに…。

批判承知で書くが、観光地というのは町全体が水商売だと、わたしは思うのである。ちょっとした評判で人気が左右される。メディアに取り上げられていっとき大繁盛する。なにかトラブルがあると敬遠される。それはじつに水商売ではないだろうか。

真備町と美観地区は違うのだと言っても、ほとんどのひとたちはおそらく理解しない。それは、避難指示されて避難しない人たちと同じ感覚の人たちが主体性なく観光に来ているからではないだろうか。

まあ、それがこの国の民度というものであろう。そういう人たちを相手に商売しているのはたいへんだとは思う。

日常へ2018/08/05 21:38

高速道路が渋滞しないうちにと午前中に白浜を出て、田辺で買い物をしながら宝塚に戻る。走行中、大阪府に入ったころから外気温がずっと38度を示し、けっきょくそれは宝塚に着くまで変化しなかった。

数時間ずっとエアコンを効かせた車内にいて快適だったが、到着して荷下ろしなどをしたら一気に汗が噴き出た。リビング室内は35度あったのでエアコンと扇風機を動かし、シャワーを浴びてひと息つく。平穏な暮らしをしておれるわたしは幸せである。

さて、明日からまた日常へ。