北摂・丹波をうろうろ2017/11/03 22:09

お天気がいい。

紅葉には早いと思うが、予定もないので昼前からふらりと車ででかけた。高速道路は渋滞を示す赤が目立っていて、高速に乗ることはない。第一目標を三田市の山間部にある永沢寺(ようたくじ)のお蕎麦屋さんに定める。しかし、国道173号線は台風の被害で通行止め、そのひとつ西の峠を越えていこうと走っていたら、猪名川町に入ったところで大渋滞である。「猪名川祭」というのをやっていてその影響らしい。

昔取った杵柄(古い言い回しやなあ)、マイナーな峠道を回って篠山市から三田市へ回っていった。

紅葉にはまだ早いようだ。

永沢寺にまもなく着くという山中に未知のパン屋「のら」さんがあって立ち寄る。あとでつまみ食いして分かったのだが、ここのパンはすごく美味しい。しかし買いに出向くにはちょっと遠い。

そのあと永沢寺の花しょうぶ園にある蕎麦屋「水無月亭」で雲水そばをいただく。お店はセルフサービスになっているなんのへんてつもない構えだが、そのためかお値段は安い。でも美味い。名物「雲水そば」はトロロとおろし大根が混ざったものが添えられたじつに満足できるそば。

ということで、1時間ほど走ってパンを買って雲水そばを食べるというミッションを定期的にやってもいいかなと思ったりして。

せっかくここまできたので、急峻狭隘な山道を下って篠山市街に向かう。車が少ないので油断しつつ篠山城趾への信号を超えたとたんに渋滞が始まった。とくに篠山に行きたいわけでもないのでただちにUターンして国道308号線→176号線経由で三田市の市街地をへて宝塚の西谷地区経由、新名神ができてとんでもなく地形が変わった県道経由で川西に戻る。「地図に残る仕事」http://librarytaisei.jp/works/ を目の当たりにする経路である。

川西能勢口で雑用をすませて夕食はいつもの「うなぎ処きし」さん。なじみのお客さんと楽しく過ごして、じつにいい気分の(世間にとっての)連休初日であった。

珍しく低血糖を経験2017/11/02 21:35

午後からの集団的個別指導に間に合わせるために、午前の訪問診療の時間帯を早くしたり都合のつく患家は昨日に変更していただいたりしたが、それでも川西池田駅に着いたのは「もうすこし遅くて次の電車になると遅刻かも」という時刻であった。あせったのは、いつも入れる立体駐車場に無情な「満車」の表示があったこと。さいわい向かいのタイムズパーキングに1台だけ空いていたのでなんとか間に合った。

快速大阪行きで尼崎、バタバタと乗り換えて新快速姫路行きで三ノ宮、そこそこ長い乗り換えアプローチで神戸市営地下鉄西神中央行きで県庁前。長い階段を上って兵庫県民会館に15分ほどの余裕で着した。川西池田で1本遅れると会場着が開始時刻ギリギリということを「乗換案内」アプリで把握していたのである。

そこから古い県民会館のホールの椅子に座って90分。監督官庁からのご指導を受けて15時ちょっと前に義務出席を終了。往路と逆のルートで川西に向かうが、非常に足が重い。身体がだるい。考えてみたら朝食の量がちょっと少なかったのかもしれない。にもかかわらずかなり動き回ったので、低血糖かもしれない。

尼崎駅の構内で立ち食いうどんの店を横目でみつつ、しかし根性で帰宅。

ああしんど。

低血糖とはこういうものか。昼ごはん原則なし生活なのでタカをくくっていたが、朝食量の不足と電車移動乗換の負荷でいつもより消費してしまったらしい。

早めの夕食でのガソリン補給(笑)と摂食で一気に体調は回復したのであった。

またまた天候不良2017/10/06 23:10

もともと天気予報で指摘されていたので諦めてはいたが、今日は朝から悪天候、昼過ぎから強い雨になった。

予定していた庭仕事(土作り)は強行した。上半身に雨具はつけていたが、そこそこ濡れてしまった。さらに激しく降る前に作業は終えたので、シャワーを浴びてだらだらと時間を過ごすことになってしまった。まったくもったいない時間だ。

近畿のローカルニュースでは大阪3区、大阪7区、そしてわたしの住所のある兵庫6区の立候補事情が報じられている。兵庫6区のような乱立ぎみもたいへんだが、大阪3区の公明か共産かというのもつらい。これから2週間、いろいろ賑やかになりそうである。

なんだかうっとうしいなあと思いつつ大雨のなか「九十九」さんに。そちらで楽しいご夫婦と巡り会って、じつにいい時間を過ごしたのが、雨の金曜日のよかったよかった。

食べてすぐ寝たら牛になる2017/09/24 22:38

まさかと思って小さいころに親によく言われていた「食べてすぐ寝たら牛になる」をネットで検索したらいっぱいヒットした。ことわざとしては、

http://kotowaza.avaloky.com/pv_eat16_01.html

であるが、健康面からはじつは横になるのはいいとされる話もある。

なんでこのフレーズを思い出したのかというと、わがやのフレブル恬は年のせいかフレブルの食いしんぼのせいか、すこし前から食後に食べたものを嘔吐することが多くなっていて、主治獣医さんに相談していまは食事を2回に分けて与えている。つまり朝夕の食事の一部をとっておいて、最低数十分あけて与えるようにしているのである。

今夜は、人間の都合で夕食が遅くなり、したがって夕食続編がさら遅く、食べたあとそうそうに寝室に行って寝ようとしているフレブル恬に「食べてすぐ寝たら牛になるねんで」と言ったのである。本犬は「はぁ」というような顔をしているが、まあ顔を見たらもともと牛さんにも似てるわな。ちなみに顔が似ているわたしは(逆か。フレブル恬がわたしに似たのだ)、丑年である。

かき氷2017/07/18 22:20

なんだか最近かき氷がはやっているらしい。行列ができるかき氷店とか、なんのこっちゃと思ってしまうし、病気かというようなゲテモノか冗談かというようなかき氷があるのは、何年か前に「たかがホットケーキやろ」と思ったパンケーキのブームのさいにも感じたことである。

わたしにとってのかき氷は「みぞれ」「レモン」「いちご」「メロン」など、色は違うが味はぜんぶ同じのシロップをかけたものや、ちょっと贅沢しようとすると「金時」とか「ミルク」とか「ミル金」など、じつに素朴なものである。今日は暑かったので午後の診療から帰着して下のコンビニでカップのミル金を買った。

かき氷に妙な細工をするのは邪道であるっ。

かき氷はみぞれに始まってみぞれに達する。それが正しい「かき氷道」である。

ガイアの夜明け2017/06/13 22:50

日本経済新聞系だというのに、ときどきとんでもなく激しいものを放送するテレ東「ガイアの夜明け」。これまでも取り上げられてきた牛乳の流通をめぐる農協と組合員の軋轢。まあわたしは直接関係があるわけではないが、この番組を見ている限り、なんなんやねんな農協はと、消費者としては思うわな。

今夜の放映を見ていると、農協っていったいなんやねんと思ってしまう。「印象操作」なんかねえ。

わたしらは、おいしい牛乳、生産者が分かる牛乳を飲みたいし、金の問題だけで生産者の思いとは解離しているのもアホらしい。そもそもしばらく前のバター不足はなんだったのか。

一次産業が縮小しているいま、これまでのように組織を維持しようというのは無理なのに、それを受け入れられないままというのは困ったものである。

医師会も気をつけて、ね。

静かな夜2017/06/09 23:38

これまでおいしいお蕎麦が食べられるので昼食にはよく行っていた「さいこう」さんが、先月末から夜の営業も始められたということで、初めて夕食に。

わたしらが夜に外食するお店は、だいたいがカウンターでお店のかたとやりとりしながらというスタイルばかりであるが「さいこう」さんはそうではなく、相方とテーブルを挟んで日常のように話をしながらという状況である。なんとなく外食の雰囲気が出なくておちつかないのが本音だった。

料理はそれぞれがなかなかのできであって、しかも締めにはおいしいお蕎麦をいただけたので満足したのは間違いない。

そのあと、ご近所さんに無理に二次会と押しかけて今。

梅雨だというのに涼しくていい風。空には満月。田辺湾を遅くに帰る船のエンジン音。ついさきほど船は帰着したようで、エンジン音も消えた。

静かな満月の夜である。聞こえるのはわたしの耳鳴りの音だけである(笑)。

みんなはすごいね>肉2017/06/06 23:01

テレ東「ガイアの夜明け」。

京都から東京に攻め上がっている肉料理のお店「NICK STOCK」さんが取り上げられている。アラ古希で枯れてきて、そのうえ歯もガタガタなのでお肉をほとんど食べないわたしから見ると、ほんとにみなさんすごく肉が好きなんだなあ。

そもそもわたしが育った時代はまだまだ肉は貴重品であって、年に何回かのスキヤキがめちゃくちゃなご馳走だった。だから、同世代はわたしのようにあまり肉は食べない派と、反動でぎんぎんに肉が好き派に分かれているように思うのだ。

身体にとってはどちらがいいのか分からないのだが、いまやわたしは不用意に肉を多くとるとてきめんに胃腸の調子が狂う。酒の飲み過ぎよりタチが悪い。

それにしてもあらためて、肉食のみんなはすごいね。