楽しく飲んだ2018/07/04 22:52

今年の初めに開業したドクターとそこのスタッフさん、わたしの相方の4人で池田の古くからの馴染みのお店で飲み会。

ひさしぶりのお店で楽しく飲んだ。颱風の影響の風雨がどうかと心配していたが、それもなし。

このお店「頓珍館」にくると、池田に住んでいた20年ほど前の気分に浸ってしまう。20年若返りたいねえ。

http://www.shobentango.com/

贅沢な朝食2018/05/27 22:47

昨夜はある会合でいろいろと楽しい話題が続いてしかも美味い食べ物がつぎつぎに出てきて気がつくと4時間ほども飲んでいた。飲み放題はいかん(笑)。

ゆっくりと起きて、とはいっても9時すぎだったが、それから洗濯や布団干しをしたあとの朝食。ひとりなのでご飯は「さとうのご飯」、それにインスタントのみそ汁、そして、昨日いつもの魚屋(デリカフーズ・ヨネダ)さんで購入してあったすさみ上がりのカツオのタタキ。ネギと細く切ったショウガとミョウガが添えられていて、それにポン酢をかけて贅沢に食う。

昨夜の飲んだ影響はない。二日酔いも胃もたれもなし。いやあ、朝からじつに贅沢である。電車で戻るのでビールの1本でも飲んでも構わないのだが、依存症に足を踏み入れていないことの確認のためそれはやらない。

白浜ででしかできない朝食であった。

ブランド2018/05/11 23:28

一ヶ月ぶりくらいに白浜の割烹「竹寶」さんに行った。

オープンしてからしばらくの間、ときにこういうことはあったのだが、評判が出てきていまやめったにこんなことはない。なにかというと、今夜のお客はわたしら夫婦だけだったのである。

ゆっくりといろいろなお話をして、せっかく時間があるので早じまいでもよかったはずなのに、22時をはるかに過ぎてしまった。

ところで、今夜は今季最高ではないかという、すさみのケンケンのモチカツオをいただけたのである。わたしらでけっこう食したのだが、仕入れた上等のブランドのカツオは余ってしまっている。もったいない。と、「竹寶」さんのご主人は、みんなでいただきますよ楽しみ楽しみ、だとのこと。

こちらではカツオはケンケンというすさみのブランドがあって、いわゆる「一本釣り」のものは「はね」といってB級になるのである。そのブランドのなかでも最高級だというカツオをいただいた今夜。もう長らくサカナに飢えたのが一気に解消された。

http://www.pride-fish.jp/JPF/pref/detail.php?pk=1428053086

コーヒーとか2018/04/04 22:29

わたしはもう年なのかもしれないが、世間のコーヒー好きにはついていけない。

そもそも日本でコーヒーが一般的になったのは、おそらくわたしが大学生のころ。粋がってサテン(喫茶店)でコーヒーを飲むことが流行った。わたしもやっていた。

コーヒーは嫌いではないが、それほど好きでもない。べつに飲まなくてもどうということはないが、当時は下宿にサイフォンを置いてそれほど美味しくもないものを飲んでいたりしたものだ(わたしは持っていなかった)。

「コーヒールンバ」の邦訳版が流行ったのはちょうどそのころだったはず。西田佐知子さんや森山加代子さんが唄ってたかな。

で。

いまや外国の大手チェーンが一般的になり、いわゆる喫茶店が衰退した(禁煙でないのが嫌われたりゆうのひとつでもあると、わたしは思っている)。禁煙店が多いチェーン店ではあるが、とくに好きではないわたしがわざわざコーヒーを飲みに入ることはほとんどない。最近はコンビニでのコーヒーの台頭著しいらしいが、なんでみんなそんなに好きなんだろうね。

わたしは水分としては、水かお茶か、でなければアルコールしか自分からはとらない。甘い飲料などもってもほかである。どこかに訪問して勝手に甘い飲み物を出されたら、まったく口をつけずに残す失礼などなんとも思わないくらいであるくらいイヤだ。

相方がコーヒー好きなので、朝ご飯のあとなどに淹れてくれたのは飲むが、それでもブラックでしか飲まないのである。

コーヒーがなくても別に痛痒はない。ヘンか?

遠くを見る目2018/03/20 22:30

テレ東「ガイアの夜明け」。「いきなりステーキ」さんの紹介をしている。ラーメンの「幸楽苑」さんからの業態変更のルポ。

ラーメンにしてもステーキにしても、わたしには遠くを見る目だ。大学生から新米医局員のころ、母校の近くには当時はまだ珍しかったのだが、土地柄もあってか、ヘビーな焼肉屋やステーキを出すジャズ喫茶や廃車バスの深夜営業ラーメン屋などがいっぱいあった。

そして、元気盛りのわたしは深夜にそういう店に行ってダイエットなど気にもせず食らっていたのだった。その結果が、30歳前後の肥満であった。

油断するともうすぐ0.1トンになりそうになって、これではいかんと自分なりのダイエットに励んで、その後いまの70キロ前後にまで落として現在にいたるわけだが、その過程で肉やラーメンなどを制限したまま、いまやそういうものを自発的に口にすることがなくなっている。

どーんとしたステーキを見ると、見るだけで腹がいっぱいになって胸焼けしそうになる。もちろん年のせいもあるが、あまりに極端な食生活はきっとよくない。わたしが一気に20キロほど肥えて、その後同じくらい減量できたのは、やはり食生活によるところが大きいと思っている。無茶したらあかん。

あくまで個人の感想ですが。

新しいお店2018/02/02 22:41

ここのところ白浜ではつぎつぎに若い人たちが新しくお店を出している。

今夜はその一軒にお邪魔した。スペイン料理の「SPAIN BAR VALESTA」さん。若いオーナーシェフがご夫婦で切り盛りしている。白浜に帰るタイミングがずれてオープンから2週間ほどたってやっと行けたのだった。

もともとスペイン料理には疎い。パエリアくらいしか思いあたらない。なんとなく「濃い」かなという先入観があるスペイン料理だが、今夜はそれを完全に否定された。

じつに満足して帰宅。いやあ美味しかった。

http://spain-bar-valesta.business.site/

特別なお店2017/12/20 22:51

2年ほど前から年末に夫婦で出かけているお店がある。もともとわたしが知人につれていっていただいて気に入ったので、以来なんどか伺っているのだ。

コースのみの完全予約のお店である。

二人で無事に1年間過ごしたねというおいしいお酒を飲み、ご亭主の心のこもった料理をいただく。静かな時間を過ごせる。

何軒か日頃から行きつけのおいしいお店はあるが、ここは特別なお店だと勝手に思っているわけだ。今夜もじつにいい時間を過ごせたのである。

来年の暮もまた無事にこのお店でおいしい料理とお酒をいただきたいと思う。

https://clubmichelin.jp/shop/0515034901/?idx=5
https://tabelog.com/osaka/A2706/A270601/27001147/

昼ごはん難民2017/12/13 22:24

要件があって岸和田と堺に行ったのだ。

岸和田から堺への移動中に昼ごはんにしようかということになった。大阪府道40号線から国道26号線を走って、うどん屋さんか蕎麦屋さんを探すが、道路沿いの店はラーメン屋、焼肉屋、トンカツ屋ばかり。

泉州の人たちは脂っこいものしか食べないのか。

けっきょく相方は買ってあった塩パン、わたしはいつものように昼抜きで。

地元では幹線道路沿いだけでなく選択肢はあるのだろうけど、いやはや参った。